お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

明日へのエール「金のことば」5月4日(土)は、「増井光子」の言葉

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜10時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


いくら歳月を経ても色あせない言葉があります。そんな、時空を超えて私たちの心に届く偉人たちの言葉をご紹介する「金のことば」

獣医師「増井光子」

5月4日(土)は、「増井光子」を紹介しました。日本に生息する野生のコウノトリが絶滅したのは1971年。それから34年後。人工飼育した5羽のコウノトリが再び日本の空に舞いました。舞台となったのは、兵庫県豊岡市にある「コウノトリの郷公園」。その園長を務めていたのが増井光子です。増井は、上野動物園をはじめ、数々の動物園の園長を歴任。理想の動物園作りに取り組んでいきます。増井には、1つの夢がありました。それは、自分が動物園事業に関わっている間に、1種類でもいいから、人工繁殖した動物を野生に帰すこと。兵庫県豊岡市に開園した「コウノトリの郷公園」の園長となり、コウノトリの野生復帰を目指した増井が残したことばとは…。

放送の内容はYouTubeでお聞きいただけます