お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

この番組、平原綾香がバズっています。

アルコ&ピース D.C.GARAGE

『アルコ&ピース D.C.GARAGE』143回目の放送。

この番組、平原綾香がバズっています。

■父の日・・・

 

先週、日曜日は父の日でしたね。

平子さんにとって父の日は、偉大なるファーザーとの日でもあります。

ファーザーの日に息子たちは聖堂に集まって歌を歌います。

ファーザーから「感謝」を頂いたら、身体にファーザーの焼き印を入れることを許されます。肩に五芒星のスタッズも押し頂くことができます。

ファーザーを「失望」させるようなことはあってはいけません。

もし、そのような事があれば、「教育」を受けなくてはいけません。

ファーザーは、息子たちを愛してくれいます。

息子たちもファーザーを愛さなくてはいけません。

我々は常にファーザーを目にしているし、常に目にしていない。

 

番組のエンディングでファーザーの正体が金子賢ではないかという説が出ましたが、真相は謎のままです。

これ以上踏み込もうとする者には「教育」が必要になります。

■メイウェザー・・・

 

メイウェザーが、ホテル業、飲食業などを日本で展開するため、

日本に住居を構える計画があることを明かしたらしいです。

平子さんのオススメは高円寺、それか地元・いわきも渋いです。

新高円寺あたりに家を建てれば、丸ノ内線ですぐ東京駅に行けちゃうのでこれ最強です。

そして高円寺に住むならメイウェザーもファーザーから「栄光」をもらわなければなりません。

もし、それを拒否するようなことがあれば「教育」を受ける必要があります。

 

■ロス・・・

 

先週はロケでロサンゼルスに行ってきた2人。

番組の予算が少ない関係か、色々と貴重な経験もしたそうです。

 

まず、行きの便は成田からアルコ&ピースの2人だけという状態。

まさかのスタッフのアテンド無し。ロスで現地集合です。

 

空港に着くのが早すぎて、中でお酒を飲んでいた酒井さん。

そこで日本酒かましてるベロベロの外国人が絡んできました。

「俺の名前はJR、お前知ってるだろ、日本の鉄道と一緒さ!」

冷静な酒井さんは無表情です。芸人なめんなよと静かにキレていました。

 

一方、怖がりの平子さんは搭乗ゲートの前で微動だにせず2時間過ごしました。サムライです。

 

ロサンゼルスに到着した2人。

ここでも予算の関係か、まるで映画に出てくる殺し屋が潜伏するようなモーテルに泊まらされました。

夜になると外のネオンの看板がジリジリッ、ジリジリッ、まるでUSJ。

美術スタッフが頑張りすぎです。

そして時差ぼけで寝られず朝から別々に散歩に出かけた2人。

酒井さんがモーテルの周りを歩いていると、電線にスニーカーが吊るしてあるのを見つけます。

思わずインスタのストーリーに上げると、すぐにシソンヌの長谷川さんからメッセージが。「そこギャングの縄張りのとこです、今すぐ逃げてください!」

平子さんも近くの公園でラッパーの写真の周りにロウソクと花束が置いてあるのを見たそうです。調べてみるとモーテルの近くは全米で最も危険な街、コンプトンでした。

 

ロス在住の平子さんのいとこ曰く「このモーテルはダメ、とにかくダメ」

なぜ番組スタッフはこのモーテルを予約したのでしょう。別にカメラも回っていないのに。

 

何事もなく帰国できた2人ですが、それは、ファーザーの「感謝」を受けたおかげであり、

「栄光」の力によるものなのです。

TBSラジオクラウドでは、

放送後のアフタートークがアップされますので、

こちらも是非お聴きください。