お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜学芸大学「炭火焼きホルモン KANAME(かなめ)」本日の三種(ホルモン)〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週木曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、学芸大学「炭火焼きホルモン KANAME(かなめ)」の「本日の三種(ホルモン)」

桐畑トールのシェフが行く店0620
それぞれ、ホルモンの味を生かす下味が付いていますので、焼いた後は、何も付けずに食べるのがベスト!他にも、「ハツ」「センマイ」などの定番の部位から、牛の胃のつなぎ部分の「ヤン」、豚の脾臓の「ちれ」などの珍しい部位まで、30種類以上あります。お店には、常に30種類以上のホルモンがあるので、とにかく、下処理と仕込みに時間がかかるそうです。部位によっては、キレイにした後、下ゆでが必要な部位もあるので、一つのお肉に3時間以上かかる時もあり、営業中も仕込みをやっている時もあるとか。さらには、部位によって、一番美味しく食べてもらえるように、口の中での「歯ごたえ」や「噛み切れ具合」などを考えて、全て切り方や隠し包丁を入れたりして工夫しています。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●

たっぷりホルモンを楽しんだあとに、ぜひ、〆料理として食べていただきたいのが、『梅しそ冷麺』です。 シコシコとしたしっかり触感の麺、酸味の効いたスープ、そして、そのスープより酸味強いの大きな梅干がアクセントとなり、シメのはずなのに食欲増進、どんどん箸が進んでしまいます。まさに、これからの夏にぴったりの爽やかなシメ料理です。 「炭火焼ホルモン かなめ」さんは学芸大駅より徒歩2分です。

学芸大学「炭火焼きホルモン KANAME(かなめ)」

営業時間17:30~24:00(水曜日〜月曜日)
定休日 火曜日

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」06月20日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190620104041

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ