お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

53歳女性・出がらし番茶、略してデガバンさんの俺の5つ星『母がパートをしていた「オアシス」のドレッシング』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

53歳女性・出がらし番茶、略してデガバンさんの俺の5つ星『母がパートをしていた「オアシス」のドレッシング』

40年程前、当時の千葉県沼南町、現在は柏市となった大津ヶ丘団地商店街で営業していた「オアシス」という喫茶店で母がパートタイムで働いていました。そのお店で忘れられないのが、ドレッシングです。フレンチドレッシング風のドレッシングなのですが、シェフが電動ではない泡立て器で、ひたすら混ぜて作っているらしく、電気の泡立て器ではそのまろやかさが出せないと語っていたそうです。
時々、母がそのドレッシングをもらって帰ってきたのですが、油っこさを感じず、玉葱やニンニクなどが、ほのかに香るドレッシングでした。とても美味しかったのですが母は「作りたてはこの何倍も美味しい」と言っていました。母が、家で再現できないか何度か挑戦し、私も弟も交代で、腕が疲れるまでかき混ぜたのですが「オアシス」のドレッシングの味にはなりませんでした。
その後、シェフはオアシスを辞め、母もパートを辞めてしまいました。母が辞めた後、オアシスを訪ねてみると市販のドレッシングになっていました。その母も二年前に亡くなり、オアシスもありません。家族に聞いても覚えていないのですが、
最近このドレッシングを急に思い出しました。できることならあの味を自分でも作ってみたいと思っています。なにかご存知の方は教えてください。

53歳女性・出がらし番茶、略してデガバンさんの俺の5つ星『母がパートをしていた「オアシス」のドレッシング』に関する情報を募集中! [投稿フォームへ]


2019年6月18日O.A.

53歳女性・出がらし番茶、略してデガバンさんの俺の5つ星『母がパートをしていた「オアシス」のドレッシング』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:竹内香苗
●調査員:東塚菜実子

 

ピックアップ