お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「ポスト熱狂の組織論」Part8(外伝2)▽鈴木謙介、速水健朗、常見陽平、綿谷エリナ、皆川恵美、塚越健司、海猫沢めろん、倉本さおり、宮崎智之、内沼晋太郎、生江秀ほか(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年6月23日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

海猫沢めろんさん、宮崎智幸

出演:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、常見陽平、綿谷エリナ、皆川恵美、塚越健司、海猫沢めろん、倉本さおり、宮崎智之、内沼晋太郎、生江秀ほか

〇どんな組織を作りたい?
・弱みを見せられるチームに行きたい(リスナー)
→弱いはずなのに長所を伸ばすことでチームになる「おそ松さん」(リスナー)
・縛られないチームの方が長く付き合える(リスナー)
・理想は竜兵会のみんなでいる楽しさ(リスナー)
・一人じゃできない仕事をするときに、どんな組織ならリーダーを務められるか(c)

〇弱みを見せる
・経験上、男はプライドに殺されることが多い(塚越)
→防御としてではなく、本当の弱みを晒せるチーム(塚越)
・自分ではわからない弱み(海猫沢)
→「イタい」ところは指摘してもらえないとわからない(塚越)
・弱みを提示できる関係とは(リスナー)
→まず信頼ありき、言ってみること(塚越)

〇信頼社会を作るには
・安心できる人とだけ契約するか、信頼しあってオープンな関係を作るか(c)
・気持ちだけを揃える儀礼としての懇親会(c)
→朝五時まで飲んだら契約ができたような気持ちに(塚越)
・出席することが大事な賀詞交換会(宮崎)
・一般的なシグナルで安心を作る(c)
・他者と信頼を築く場合には?(c)
→情報ギャップをなくして透明性を確保(皆川)
・「PRODUCE48」に見た、日本の強豪を軋轢と捉える文化(倉本)

〇人と組織を作る
・結局はどう生きるか、どう人間と向き合うかの話に(c)
・組織のいい面悪い面、問題はまだまだ沢山(生江)
・合意ができるサイズの組織で(c)
→上司ではなくみんなに対してプレゼン、みんなで合意(生江)
・意思決定を誰にやってもらうか(c)
→経営判断より「良かれと思って」と目標無き「なにかできそう」の精神(生江)
・オープンな組織に変えていくという決定は出来るのか(c)
→無理にトップダウンで敢行しても周りはついてこない(皆川)
・お金が動く方法論と生きていく方法論のせめぎあい(c)

〇Life関連アーカイブ

2008/10/26「ぼくたちの失敗学」
https://www.tbsradio.jp/life/20081026/index.html

2011/02/21「K-POP in Japan」
https://www.tbsradio.jp/life/20110221k-pop_in_japan/index.html

参考資料