お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ

50歳男性・カサブランカ男子さんの俺の5つ星『瓶しか見たことがないジュース「ソフト」』のエピソード。[伊集院光とらじおと内]

俺の5つ星

50歳男性・カサブランカ男子さんの俺の5つ星『瓶しか見たことがないジュース「ソフト」』

昭和50年代、ジュースの空き瓶には、保証金制度というのがあって、1リットルの空き瓶を販売店に持っていくと30円もらえました。これに目をつけた当時小学校三年生だった僕らは、公園や河原で空き瓶を見つけては、酒屋に持って行き小遣いを稼いでいました。
しばらくすると酒屋のおばあさんが「うちで扱ってない瓶を持ってきてもお金を渡さない」と言い出しました。おじいさんは優しくて「どこの店で売った瓶でも、コカコーラのものなら、メーカーがお金をくれるんだからいいだろう」と言ってくれたのですが、おばあさんは頑として引き取ってくれませんでした。

夏休みのある日、街道沿いの植え込みで見つけた瓶の中に、見慣れない1リットル瓶がありました。カタカナで大きく「ソフト」とだけ書いてあるもので、そんなジュースは見たこともありませんでした。案の定、おばあさんは「ウチで売ってないものだから」と言って引き取ってくれませんでした。
プールの帰りに、僕らの秘密基地的なところで「ソフト」の話をしていると、僕と仲が悪かった中島くんがやってきました。中島くんは、瓶を見るやいなや、清里の別荘でこのジュースを飲んだと言いました。味はオレンジだけどバヤリースよりもおいしいと自慢され、正直「またお得意の嘘じゃねえの?」と思ったのを覚えてます。
結局、ソフトの瓶はおじいさんが店にいるときに、他のコーラやスプライトの瓶とまとめて出したら、お金に変えてくれて、手元からなくなってしまい、僕らの中でソフトは幻となってしまいました。今になってとても気になるのですが、ソフトはどんな味がするのでしょうか?今も飲めるのでしょうか?なにかご存知の方は教えてください。

50歳男性・カサブランカ男子さんの俺の5つ星『瓶しか見たことがないジュース「ソフト」』に関する情報を募集中! [投稿フォームへ]


2019年7月2日O.A.

50歳男性・カサブランカ男子さんの俺の5つ星『瓶しか見たことがないジュース「ソフト」』

●パーソナリティー:伊集院光
●アシスタント:竹内香苗
●調査員:埼京パンダース・河野かずお

 

ピックアップ