お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「梅雨空に映える最新癒し系女性R&B傑作選」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム

「梅雨空に映える最新癒し系女性R&B傑作選」

梅雨空に映える最新癒し系女性R&B傑作選http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190628123639

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

【高橋芳朗】
本日はこんなテーマでお送りします! 「梅雨空に映える最新癒し系女性R&B傑作選」。この季節にフィットするちょっと気怠い、メランコリックな女性R&Bシンガーの楽曲をここ1ヶ月ぐらいでリリースされた新譜から4曲ほど選んでみました。まだ日本ではほとんど知られていないようなシンガーばかりですが、どれも素晴らしい曲ばかりです。梅雨時は体調がすぐれないという方も多いですよね。今回紹介する4曲は、きっとそういう皆さんにも寄り添える音楽になるかと思います。

さっそく1曲目いってみましょう。ラヴィーナの「Floating feat. Hope Tala」。これは5月31日に出た彼女のデビューアルバム『Lucid』の収録曲です。ラヴィーナはニューヨーク出身のインド系アメリカ人のR&Bシンガー。「Floating」というタイトル通りの心地よい浮遊感を堪能してください。

M1 Floating feat. Hope Tala / Raveena

Floating

【高橋芳朗】
2曲目は、いま聴いていただいたラヴィーナの「Floating」でフィーチャされていたホープ・タラの「D.T.M.」。これは6月5日に出たばかりの最新シングルです。ホープ・タラは去年デビューしたロンドンに拠点を置くR&Bシンガーで、おそらく彼女もインド系ですね。タイトルの「D.T.M.」は「Don’t Tell Me」の略でちょっと切ない別れの歌。ボサノヴァ調のリズムとため息のようなボーカルのマッチングをお楽しみください。

M2 D.T.M. / Hope Tala

D.T.M.

【高橋芳朗】
3曲目はエリカ・ジ・カシェール(Erika de Casier)と読むのかな? 彼女の「Little Bit」を紹介します。エリカはデンマークはコペンハーゲン出身のR&Bシンガー。これは5月16日にリリースしたデビューアルバム『Essentials』の収録曲になります。この曲はそのものずばり雨の情景を歌った曲で、歌詞だけではなくサウンドでも雨音を表現しています。

M3 Little Bit / Erika De Casier

Little Bit

【高橋芳朗】
最後はアンバー・マークの「What If」。これは6月7日にリリースされた彼女の最新シングルです。アンバー・マークはベルリン生まれで現在はニューヨークで活動するR&Bシンガー。この人はまさにシャーデーの影響を公言していて実際シャーデーのカバーも歌っているんですけど、この曲はシャーデーに加えてフェイス・エヴァンスの要素が入っている感じですね。

M4 What If / Amber Mark

What If

【高橋芳朗】
本日取り上げたシンガーは基本的にどの曲も同じようなスタイルなので、気に入った曲があったらぜひ他の作品も掘り下げてみてほしいですね。憂鬱な季節のBGMとして、ぜひご活用ください!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

6/24(月)

(11:08) Do You Believe in Love / Huey Lewis & The News
(11:24) ’65 Love Affair / Paul Davis
(12:14) Somebody’s Baby / Jackson Browne
(12:51) One Hot Love / 松下誠

6/25(火)

(11:08) Everybody’s Talkin’ / Louis Armstrong
(11:25) Savoy Truffle / Ella Fitzgerald
(11:36) Spinning Wheel / Shirley Bassey
(12:11) More Today Than Yesterday / Carmen McRae
(12:24) You’re All I Need to Get By / Nancy Wilson

6/26(水)

(11:10) The Magnificent Seven / The Clash
(11:27) Start! / The Jam
(11:35) Inbetweenies / Ian Dury & The Blockheads
(12:17) I Can’t Stand It / The Specials

6/27(木)

(11:07) Midnight at the Oasis / Maria Muldaur
(11:36) It’s Going to Take Some Time / Carpenters
(12:13) The Right Thing to Do / Carly Simon
(11:50) きっと言える / 荒井由実

6/28(金)

(11:06) I Thought it Was You / Herbie Hancock
(11:25) Back Together Again / Roberta Flack with Donny Hathaway
(11:35) Are You Ready for Love / Slave
(11:10) Everything So Good About You / Melba Moore