お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ

【全文】スタジオ大興奮!宮藤官九郎の前で、みんな勝手に「いだてん」を語った結果…

ACTION

TBSラジオ社内で定期的にいだてん愛を叫んでいる、「荻上チキ・Session-22」の南部広美さん。毎週感想をTwitterに投稿している裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火さん。落語にも精通。「東京ポッド許可局」の屁理屈男・サンキュータツオさん。

7月1日(月)の「ACTION」は、TBSラジオではおなじみの方々が、「いだてんウォッチャー」としてスタジオに集結。脚本家・宮藤官九郎さん本人の前で、勝手に「いだてん」の魅力や解釈を語る企画。

※radikoのタイムフリー聴取期限が切れたので、書き起こし記事として再UPいたします。

この日は、いだてん第2部が始まった翌日。3人とも、1話から全て見直して、この日を迎えたそうです。控え室から、「いだてん」語りは始まっていました。

この企画の最後に、宮藤官九郎さんから「IOC=いだてん 面白いから ちょこちょこ集まろう」と名付けられ、晴れてIOC委員となった3名。どんなトークが繰り広げられたのか…

幸坂 :わざわざ第1部を改めて見返して来て下さったんですよね?

阿曽山:脚本家目の前にして”わざわざ”って!

幸坂 :す…すみません…!

タツオ:確かに。

宮藤 :俺ですらそんな見てないですよ。ありがとうございます。

タツオ:喋りたいことたくさんありますよ。

幸坂 :アンケートを事前に書いて頂きましたが、熱量が半端なかったですね。

宮藤 :すごかったです。喋ることがないぐらい書いて頂いて(笑)

幸坂 :まず南部さんはこの作品をかなり前から楽しみにしていたみたいで。

南部 :そうなんです。2016年に宮藤さんが大河を『あまちゃん』チームで制作されることを知りまして。テレビ視聴って身体ごと入っていかないといけなくて。

タツオ:身体作っていくタイプですね。

宮藤 :アスリートタイプ(笑)

南部 :宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、私は2016年から『いだてん』のために準備しています。

宮藤 :その頃、僕はまだ1行も書いてませんけど(笑)

南部 :大河は1年じゃないですか。日曜8時にテレビの前で…というのは元々の視聴体系としてはあったのですが、岩手から上京して色々あって身体から抜けているなと。「これはいだてん仕様にしないといかん」と思って。

幸坂 :そんな南部さんから見て、『いだてん』の魅力は何でしょうか?

南部 :見るにあたって一番楽しみにしてたのは、”思い出し笑いポイント”という記憶を自分の中で作ることだったんですよ。だから今年の思い出し笑いはほぼ全て『いだてんネタ』です。

宮藤 :嬉しい。例えばどういうところで思い出し笑いを?

南部 :まず、子供時代の金栗四三君。2話しかメインで出て来ないのに、いまだに思い出すだけで「うわぁ〜」って。あと、嘉納治五郎先生の抱っこ一連。これは美濃部孝蔵の「父が嘘をついた」というナレーションも含み。それから安仁子の「フォーティースリー」と「ミスター・クラブ」ですね。それから水しぶき走法…

タツオ:これ、見てない人は「何の話してるんだ!」になっちゃうよ(笑)

南部 :あ!ごめんなさい!

宮藤 :俺、水しぶき走法だけ何の話か思い出すのに時間掛かっちゃた(笑)でも、今言ったのは全部本当にあったことですからね。子供時代の四三君は素人の子ですからね。

阿曽山:あの人はストックホルムまで行ったってことですよね?

宮藤 :そうです。でも俺、あの子がストックホルム行ったこと知らなくて。2話で終わりだと思って「いい子見付けたね〜」と言ってたら、ストックホルムにも出てたから。多分ね、まだ出ますよ。他の人の回想とかで、まだ出ると思いますよ。お疲れさまでした…って、花束渡してないはずです。

タツオ:おおおおおお!

南部 :本当ですか…!

阿曽山:南部さん、目がトロ〜んとしちゃってるよ!

幸坂 :タツオさんは『いだてん』をどう見ていますか?

タツオ:宮藤さんに言ってもしょうがないですけど…、やっぱり森山未來さんの落語がすごい!

宮藤 :いやー、すごかったね。

タツオ:このドラマはテレビを見ているんじゃなくて、志ん生の落語を聞いているという体にしてくれてるのが良くて。やっぱり口伝ですよね。史実に基づいてるところもあれば、多少脚色してるところもあって。本来、人がお客さんにサービス精神で聞かせるものをテレビに持ち込んでくれてる。しかも、たけしさんが志ん生役。別のドラマでは談志役やってるんだよ(笑)

一同 :(笑)

タツオ:で、若き日の志ん生役を森山未來さんがやっていると。人力車を引きながら落語を覚えている。あれはリズムとメロディで落語を覚えているっていうのと一緒なんですよ。

タツオ:初高座「富久」っていう馬鹿な話はないんですよ!

宮藤 :ないですね。本当はないんです。

タツオ:普通は前座噺から始まるんです。でも、「富久」から始まることが象徴的で。例えば、失った男が寂しい背中でトボトボ帰るところが「富久」と完全に一致するんですよ!

幸坂 :南部さん、ノートに何かメモして・・・

南部 :今話してること、すごく貴重なんです!このノートは、いだてんの何話で何がでてきたかを、いつも書き溜めてるんです!

タツオ:失ったり得たりすることで感情が揺さぶられるところが「富久」という話にあって。それが震災や師匠を失ったりすることで被る部分もあるし。今後も効いてくるのかな?って。

宮藤 :「富久」という話は「東京を走る」ことがテーマなんですね。それで志ん生以外の人が浅草から日本橋の間でやっていた話を、志ん生だけが芝まで延ばしたんですね。浅草から芝までの話に。それがオリンピックに掛かっている話になってるんですね。

タツオ:うぉぉぉー、なるほど!

宮藤 :清さんという実際にいた人が出てくるんですが、あの時代って人力車夫がマラソン選手として走ることに関して、果たして彼らはプロなのかアマなのか論争があったらしいんですね。「走ってお金取ってるんだからプロだろ」、「いやいや、人を送り届けることが仕事で、速く走るのは関係ないからアマだ!」みたいな。だから人力車の話も関わってくるんですよね。

タツオ:なるほど。

幸坂 :お三方の宮藤さんを見る目がもう…

タツオ:落語がお好きなのがすごい伝わるので。でも志ん生と言ったら「黄金餅」という話があるんですよね。道中付けという長いところを歩くシーンがあって。志ん生が講談をやっていたことが活きる話なんですが、あれが出て来てないということは後半に出て来るのかなという期待をね…

宮藤 :「黄金餅」ね、忘れないようにします!(笑)

阿曽山:でも、脚本書き終わってるんですよね!?

宮藤 :そうなんです、今からどう入れようか(笑)でも道中付けは随所随所で入れようとしてまして。

タツオ:これまでの大河と違って、描かれている出来事が現在と地続きなんですよね。「この競技はこの人が持ってきたんだ」とか。僕はバスケットをやってたので、「この人がバスケットを持ってきたんだ」とか。あとギリギリ当時の映像とか写真が残ってるじゃないですか。本物が使えてるというのが答え合わせが出来て。「64年の東京オリンピックになると、どうなるの?」っていう。

南部 :あ!確かにそうだ!

タツオ:あんた!だってカラーテレビが追い付いてるんだから!

宮藤 :そうなんです。戦争を挟んだあと、急に映像のクオリティが上がるんです。だから64年のオリンピックと48年のロンドンオリンピックの映像のクオリティの違いって実はあんまりないんですよ。

タツオ:あぁ〜、そうなんだ。

宮藤 :もうカラーで残っちゃってるんです。だから逆に嘘がつけないんです。で、金栗さんが本当に走ってるアントワープの映像とかも実は残ってるんです。モノクロで。なのでそれを使えるというのはすごいことなんです。

タツオ:そうそう、それが見られるっていうのが最高の経験だなと思って。歴史ってかなりファンタジーなものとして捉えてる人も多いと思うんですけど、地続きっていう。ギリギリ辿れて、おばあちゃんが知ってるっていうところまで遡れるのが今回の大河のいいところ!

幸坂 :阿曽山さん、第一部を振り返ってみてどうですか?

阿曽山:宮藤さんに言ってもしょうがないんですけど、スポーツの解釈が変わりました。第一部の最終回の24話。震災の後、とりあえずの衣食住がそろった後に、人々が求めたのは、運動会と落語だったんです。

宮藤 :そうです。はい。

阿曽山:で、僕、スポーツの語源を調べたんですよ。

宮藤 :スポーツの語源調べたんですか?僕、そこまでやってなかったなぁ(笑)

阿曽山:元々「ものを動かす、移動させる」という意味だったのが、だんだん拡大解釈されて「寂しい気持ちを移動させる、楽しませる娯楽」という意味になっていったんです。えっ!宮藤さん本当に知らなかったんですか!?

宮藤 :それ早く教えてほしかった〜、少なくとも24話のときに知ってたら絶対使ってましたよ(笑)

阿曽山:それが!1話から振り返ると、皆楽しんでスポーツをやってるんですよ!例えば、肋木にぶら下がっている可児さんを見て嘉納治五郎が「それ楽しいのか?」と言うんですよ。あと、天狗倶楽部だって純粋にスポーツを楽しむ元気の権化ですから。三島弥彦だって楽しんでたのに、オリンピックの出場が決まってから急にスポーツを楽しめなくなった。そして400メートル走で負けたあと、決勝行けるのに辞退したじゃないですか。

阿曽山:そこでハァハァ言って倒れてる弥彦に対して、金栗四三は「楽しかったですか?」と聞くんですよ。

南部 :は~、そうだった・・・

阿曽山:え?ここで「楽しい」とか聞くの!?って思って。そのあとに金栗四三はマラソンで行方不明になるじゃないですか。先にホテルに戻ってきて。何で先に帰ってるんだ!って皆から詰められたときに、「走ってたらどんどん、どんどん、どんどん楽しくなってきて!」と言ってるんです。

南部 :あー、言ってたー!

阿曽山:皆、楽しくてやってるんです。だから、「スポーツを楽しむ」じゃなくて、「スポーツそのものが娯楽、楽しいもの」という解釈で脚本が書かれていると思ったんです。

宮藤 :えっと・・・そう・・です、そうです(笑)嘉納さんが初めてオリンピックに触れるときに、フランスの大使が図面を見せて「これでスポーツを皆で見るんだ」と言ったときに「見る?」と思ったみたいですね。「スポーツを見る」という発想が嘉納さんにはなかったのは事実みたいです「スポーツはやる」ものだと思ってたみたいで・・・「運ぶ」って話、すごく良いですね。

阿曽山:知ってたフリしてる方がかっこいいかもしれませんよ(笑)

タツオ:実際、物資を運んでね。

阿曽山:24話で皆で物を「運ぶ」ということにも繋がってきますからね。

宮藤 :今からどうにかして入れられないかなぁ。ナレーションかな!ナレーションなら間に合う(笑)

幸坂 :このコーナーでちょっとずつ変わっていくかもしれませんね(笑)

続いて、時間の許す限りの質問コーナーに。

阿曽山:俺じゃあ1問だけ!文春もよく読ませて頂いてるんですが、そこですごい脚本がカットされてることを愚痴ってるじゃないですか。

宮藤 :アハハハハッ!

阿曽山:で、本編終わったあとの『いだてん紀行』がものすごく面白くて、「本編に活かせばいいのに…」と思ってしまうぐらいなので、本当は宮藤さん、カットしたくなかったエピソードってたくさんあるんじゃないかなと。

宮藤 :色々考えてはみたんですけど、実は13話までって僕が書いた11話までをカットせずに延ばしましょうということで、薄めたわけじゃないんですけど、引き延ばしたんです。

阿曽山:ストックホルムオリンピックのところまでですね。

宮藤 :そうです。あれは本当は11話までの予定だったんです。それをちょっと収まらないということで延ばしましょうということで。だから僕の中でクライマックスだったのが、次の回のアバンタイトルだったりするんですよね。

タツオ:へぇ〜!

宮藤 :ということがあったりするので、そっちの方が良かったりするんですね。だから一概に言えないなと思って。「カットされたの何だっけ?」と思って、変更になったのは金栗四三さんがシベリア鉄道の中であまりに退屈だったからか分からないけど、「ウラル山」の川柳を5個ぐらい詠むんです。

タツオ:アハハハハッ!

宮藤 :全部「ウラル山」から始まるんです(笑)それが5個。だから「ウラル山ってすごいんだろうなぁ〜」と思うじゃないですか?で、大根監督が実際シベリア鉄道に乗って。ロケハンしたんですよ。そしたら、「宮藤さん!大変です!ウラル山ちょっとしか見えないです!」と。

一同 :アハハハハッ!

宮藤 :「5秒位しか見えません」と。「あっという間に過ぎ去るんで、ウラル山のネタは使えません」と言われて。ウラル山の俳句を5つぐらい詠むんだけど、どれも大して良い句じゃないんだよね(笑)それを志ん生が「金栗さん、川柳の才能はないですね」と言って落とすみたいな。「川柳だったら僕の方が得意です」と言って、「気前よく 勘定払う 夢を見た」とか。

タツオ:あぁ〜!志ん生のね。

宮藤 :志ん生の川柳も紹介出来るなと思って。最初はそういう台本だったんですよ。でも「ウラル山が見えない」という理由で変更になったんです(笑)それで「あんたのいびきうるさいね」というやり取りが生まれたんです。

阿曽山:そんな数秒しか見えない山のことを詠んでたんですね。

タツオ:それぐらい退屈だったんですね。

宮藤 :なんかね、バイカル湖か何かの絵を描いてるんですけど、鼻水みたいな絵なんですよ。

一同 :アハハハハッ!

宮藤 :水たまりみたいな(笑)手帳に。揺れてるから描けなかったんでしょうね。「これじゃ何も伝わらないな」という絵を残してて(笑)それは使ってないです。こういう細かいのは結構あります。あ!あと、オンエアされなくて悔しかったので大根さんがまとめてくれたのが、野口くんの十種競技、実はあれは全部撮ってあるんです。

一同 :えぇ〜!!

宮藤 :使えてないんですけど全部あるんです。

幸坂 :一同唖然です…

宮藤 :棒高跳びが150から始まるんですけど、野口くんは150が自己ベストなんですよ。だからいきなりは跳べないんじゃないかと思って、アントワープで係員に「ダウン」と言って、バーを下げさせるんですよ。145に。で、やっと跳んで。「やった!」と言って。他の皆は予選150だから「何やってんだコイツ」って(笑)これは実話なんです。

阿曽山:テロップで145センチって出てますもんね。十種競技のとき、一瞬だけ。

宮藤 :そうなんです。結局150は跳べてないです(笑)

阿曽山:そうなんですか〜。

宮藤 :でも「145を跳べてなかったら、俺は記録を残せなかった」と言ってて。

タツオ:そうですね!

宮藤 :言ってたらしいですよ。これは台本にもあるし、撮影もしてますね。ただあの回は、とにかく報告会のシーンがすごく良かったから。そこに時間を割いて入らなかったと。大根さんがまとめていらっしゃいました。

タツオ:へぇ〜!

幸坂 :タツオさんは質問はありますか?

タツオ:これからの話なんですけど、本編には出て来てないですが、キャストが発表されていて、古今亭志ん生が満州に慰問旅行に行くわけですけど、一緒に帰るのが三遊亭円生という、こちらも昭和の大名人なんですけども、これは2人で慰問旅行行く感じですか?それとも誰か他に付いて来ますか?

宮藤 :あれは井上ひさしさんの芝居があるじゃないですか。あれが忠実と聞いてたんですがどうも違うらしいですね。でも一応2人で慰問には行くんです。で、あとは言えません!

一同 :うわぁ〜!!

タツオ:僕はこれが五りん(神木隆之介)のお父さん問題にも繋がるのかなと思ってちょっと深読みしちゃうんですよね。

宮藤 :なるほどね。

阿曽山:あの絵葉書もありますからね、1話で出て来た。

タツオ:そうそう。(宮藤を見て)今、リアクション取れてないですね!これは…!

阿曽山:ラジオだからね!宮藤さんのリアクションは見なかったことにします!この3人だけは分かってる(笑)

宮藤 :早くその回にな〜れ〜!

南部 :楽しみ〜!

タツオ:楽しみですね。

幸坂 :南部さんはありますか?

南部 :『あまちゃん』から続いてる「大友良英さんを探せ」は、このまま継続していいですか?

宮藤 :大丈夫だと思います。

南部 :よし!

宮藤 :出てたのは24話でしたっけ?復興節では出てたんですけど、多分この先も何かを演奏するシーンでは絶対出てくるんですよ。

タツオ:おぉ〜。

南部 :音楽最高!

宮藤 :色々使い勝手が良いので(笑)大友さんは断らないですから。だから色んな役で出るんじゃないですかね?復興節のシーンはすごく良かったですよね。演技力あるんだかないんだか分からないんですが(笑)

阿曽山:俺、12月に岩手の久慈でやってた大友さんのコンサート見に行ったんですよ。

南部 :そうなんですか…!?

阿曽山:『いだてん』のオープニングを初めて演奏するやつで。

宮藤 :えっ?

南部 :どうだったんですか!?

タツオ:阿曽山さん、裁判サボってどこ行ってるんですか!

阿曽山:土日だったの!(笑)そしたら大友さんが「撮影行った!」ってずっと自慢してました(笑)だから喜んでるはずですよ。

宮藤 :へぇ〜、そうなんだ。『あまちゃん』も出てましたね。あまカフェのシーンも出てたし、昔のコンサートのマキタさんとのシーンも出てましたね。

幸坂 :他に質問は…?

タツオ:金栗四三は酷い夫でもあり、酷い父親とも受け取られる人物ですよね。これは宮藤さんの中ではどういう人物像ですか?

宮藤 :でもずっとニコニコ笑ってたから皆許してたんだろうなって。

宮藤 :おかしいですよね。まず金栗家と池部家で熊本に実家が2つあるんですね。で、どうも嫌なことがあると池部家に行ってたとか。取材して聞いたんですけど。あんまり落ち着かなかったんだろうなって。基本は池部家にいるんだけど、気が付くと金栗家にいたり。お子さんたちの話を聞くと、とにかく帰ってきたらニコニコしながらヤギと戯れてたらしいです。

一同 :へぇ〜。

宮藤 :熊本では。家ではマラソンの話を一切しないらしいんですよ。

南部 :そりゃ池部のお母さんも怒るわ。

タツオ:まあね(笑)子育ても参加しない、家にはいないで。

宮藤 :そうですね。あと、自分がプロデュースした東海道五十三次駅伝のことを調べてて、金栗さんの日記を読んでたら、金栗さんはその日駅伝見に行ってなかったんですよ。

一同 :えっ!?

宮藤 :どっか別のところでマラソンを教えてて、コーチやってて。

一同 :えぇ〜!!

宮藤 :これはドラマ上マズイと思って(笑)主人公がここにいないのは絶対にまずいって(笑)「これは嘘になるんですが、いたことにして良いですか?」と聞いて、「本当はいなかったんですけどね」というエクスキューズを置いていることにさせてもらいました。

南部 :そうだったんですね。

宮藤 :一応NHKからは「終った回に関しては何言っても良い」と言われてますので(笑)

タツオ:ありがとうございます。

幸坂 :もうお時間になってしまったのですが、最後に皆さんから第二部への期待ですとか宮藤さんに言いたいことなどお一人ずつお願い出来ますか?

阿曽山:俺、阿部サダヲさんが大河ドラマとコント番組をはき違えてると思うんです。

一同 :アハハハハッ!

阿曽山:昨日のすげぇ面白かったですよね!『LIFE!』と勘違いしてんじゃねえのかなって(笑)

宮藤 :大丈夫です!本人も気にしてました(笑)「良いんですかね、これで?」って。僕も「大丈夫、大丈夫」と言ってるんですけど、阿部さんと皆川猿時さんが揃ったときだけ一瞬不安になります。「大河ってこれで良いんだっけ?」って(笑)一瞬思うけど、「まぁ、良いんだよな」と思って次に入ります。

タツオ:昨日、落語指導の古今亭菊之丞師匠がツイートしてたんですけど、森山未來さんが落語やってて、阿部サダヲさんと絡むシーンがあるじゃないですか。あれ、ほぼアドリブらしいですよ。

宮藤 :そうです…(笑)

タツオ:あれ、すごくない?あれ全部アドリブなんですよ。すごいっすよね。

宮藤 :コント番組です(笑)

阿曽山:そこは宮藤さんは関わってないということなんですね。

宮藤 :基本そうですね。なんかすみませんでした(笑)

タツオ:そういうところも楽しみにしたいと思います。

南部 :とにかく色んなところに引き継がれているバトンがどうなっていくのかと、女子体育からの日本水泳が楽しみです。

宮藤 :まずは人見絹枝さん。田畑編が始まったのに来週は人見絹枝物語なんです。だから、田畑はあんまり出て来ないんじゃないかと思われるかもしれませんが出て来ますよ。

南部 :シマちゃんから繋がってる物語も楽しみです。

宮藤 :シマちゃんの子供の名前が「りく」じゃないですか。あれは僕が考えたんじゃないんです。「名前決めてなかった!」と思って、「スタッフに確認して下さい」と言ったら、「美術の方が『名前ないと変だから』ってことで『りく』と書いてました」と。「陸上の”りく”じゃん!」ってことでそのまま使わしてもらったんです。

一同 :えぇ〜!

宮藤 :そういうちょっとしたミラクルがいっぱいあるんですよね。

南部 :聞けてよかった〜。

タツオ:大の大人がこれだけ熱くなっているので、皆さん是非見て下さい(笑)

終わったあと、控室に戻っても、3人の「いだてん」トークは続く…

次回のIOC総会はいつ!?お楽しみに。