お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

加齢臭の予防に効果的なのは…温かいシャワー?冷たいシャワー?

ジェーン・スー 生活は踊る

2019年7月3日のゲスト、医療ジャーナリストで医師の森田豊さん

医学的見地に基づいた体臭の予防に関するクイズ

身体の臭い、体臭は、年代によって異なっていきます。10代から30代は、汗の臭い、30代から50代はミドル脂臭(ミドル世代のあぶらのような臭い)、そして50代からは加齢臭が気になることがあるとされています。臭いが相手に不快感を与えるスメルハラスメントという言葉も広まっています。

今回は、身体の臭い、体臭について、医学的見地に基づいたクイズ形式で学んでいきたいと思います。

Q、加齢臭予防に効果的なのは41度で1分間のシャワー?14度で1分間のシャワー?


正解は・・・41度で1分間のシャワー
加齢臭の原因であるノネナールは、41度、1分間のシャワーで、毛穴から比較的簡単に取り除くことができると考えられています。特に、頭、胸、背中、首などにお湯をかけましょう。そのほか、対策としては、①緑黄色野菜を多めに食べ、お肉を控えめにする。②運動をしてサラサラの汗をかく などです。

Q、身体の臭い、体臭が強く感じるのは、どんな時でしょう?


正解は・・・湿度が高い日
身体の臭い、体臭の原因成分のほとんどは、水に溶ける水溶性です。ですから湿度が高く、空気中に水分が多い、今のこの季節は遠くまでニオイが飛んで行ってしまい、周りの人への影響が多くなります。

Q、より強烈な臭いなのは、メタボ臭?ミドル脂臭?


正解は・・・ミドル脂臭
ミドル脂臭といって、30代、40代の人に(特に男性に多い)、あぶらが腐った臭いと表現されるものがあります。このミドル脂臭は、ジアセチルという成分によって生じることがわかっていて、汗の中に含まれる乳酸という疲労物質が細菌によって分解されてできるとされています。この臭いは強烈で、お酢に比べて120倍もの強い臭いだいう報告もあり、周囲の人の集中力を衰えさせる可能性も指摘されています。シャワーなどをきちんと浴びることも大事ですが、このミドル脂臭に対しては、体臭向けのデオドラント剤を利用することもお勧めします。
一方、メタボ臭は、加齢臭の原因成分であるノネナールがメタボ体型の方から生じることを呼びます。普通の加齢臭よりは不快な強い臭いとされていますが、ミドル脂臭にくらべたら、弱いという専門家が多いです。

Q、顔から汗が出てこまる、汗を抑えたいときにどうしたらいいでしょうか?


正解は・・・バストの5cm上を圧迫する。深呼吸する。
バストの5cm上を圧迫することにより、自律神経の働きが整えられ、顔や頭からの汗が少なくなることが分かっています。舞妓さんが、胸の上をひもできつく縛っているのも、顔からの汗が出るのを抑えるためと考えられています。
そのほか、深呼吸をして、交感神経の高ぶりを鎮めると、汗は少なくなるので、これも試してみてはどうでしょう。

そのほか、
加齢臭が発生しやすいのは、体のどこでしょう?
人間が識別できるニオイの種類は、何種類でしょう?
など、放送の内容は↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓