お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」〜自由が丘「ひなたキッチン」美桜鶏手羽元のコンフィ〜

伊集院光とらじおと

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」

『伊集院光とらじおと』(月〜木 朝8時30分)内の毎週木曜日10時40分頃から放送。美味しいと評判のお店のシェフも「ランチ」や「ディナー」を他のお店で食べている事もあるはず!「食のプロがお金を出してでも食べたいプロの味」を探して、桐畑トールが、その味を試食。さらに、そのお店のシェフがプライベートで通うプロのお店を数珠繋ぎに、教えてもらうコーナーです。

今回は、自由が丘「ひなたキッチン」の「美桜鶏手羽元のコンフィ」

桐畑トールのシェフが行く店0704
この「美桜鶏手羽元のコンフィ」は、とにかく、柔らかいんですが、お客さんに出すまでに、3日間かかっています。まず、1日目には、塩、ニンニク、ローズマリーなどを鶏肉に揉み込んで一晩置く。2日目は、半日かけて「コンフィ(低い温度の油で煮込む)」して、味がなじむように、また、一晩、寝かせます。そして、3日目は、お客さんに出す前に、表面を軽く焼いて、完成です。なぜ、これだけ時間をかけるのかと言いますと、「コンフィ」は、低い温度の油で、じっくり煮込むことによって、鶏肉から、旨味が一度、油に移り、その油を鶏肉が再び吸い込むので、肉がパサパサにならず、しっとりとした柔らかい仕上がりになる。さらに、手羽元は骨からも旨味が出るので、「コンフィ」に一番適している。そして、美桜鶏という鶏肉は、肉が綺麗な桜色をしているので、この名前になった。アルプス山脈で育てられた鶏で、お肉屋さんと養鶏業者さんが共同開発した鶏。

●「シェフがオススメするお店」で有名なグルメサイト「ヒトサラ」からの情報●

今回のオススメは、手羽元と同じく、ひなたキッチンさんの定番人気、『するめイカ丸ごとの肝トマトソース』です!海のエキスが凝縮されたイカの肝と酸味の効いたトマトを掛け合わせたソースを、スルメイカにたっぷりと和えて熱々の鉄鍋で登場!ぷりぷりの食感とクセになるピリ辛なソースはお酒が進みます。さらにこの料理の魅力は、残ったソースで作る「焼きチーズリゾット」!シメのために、完食せずに“少し残す”ところがポイントです。姿形を変えて、再びこの絶品ソースを味わい尽くすことができるこの贅沢感ほかでは味わえません。ひなたキッチンさんは、自由が丘駅から徒歩5分です。

さらに、今回から、「ヒトサラ」さんのWEBサイトで、お店の雰囲気やお料理、取材の模様なども見ることができます。
詳しくは、こちらから、https://hitosara.com/es/chefsrec/chefchef1/

自由が丘「ひなたキッチン」

営業時間16:30~24:00(月曜日〜木曜日)16:30~25:00(金曜日・祝前日)15:30~23:00(日曜日)
定休日 不定休

「桐畑トールのシェフが行く店のシェフが行く店」07月4日放送分http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190704104113

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

ピックアップ