お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「手足口病」は子供だけじゃない!手足口だけじゃない!

森本毅郎 スタンバイ!

手足口病は、その名前の通り、手のひらや足、口の中に、発疹や、2ミリから3ミリの小さな水疱=みずぶくれができる病気です。小さなお子さんを中心に、夏に流行するとされていますが、実は注意が必要なのはお子さんだけではありません。そこで、7月8日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、手足口病について取り上げました。

★症状は?

そして手足口病の基本的な症状ですが、手のひらや足、口の中の発疹、2ミリから3ミリの小さな水疱=みずぶくれが代表的な症状です。気をつけなければいけないのは、口の中の発疹は、口内炎と同じような感じなので、口内炎だろうと思っていたら、実は手足口病だった、ということもあります。発疹というと、軽く見られがちですが、とても痛いので、注意が必要です。そして高熱ではないのですが、3割程度は、発熱も伴います。

その発疹・水疱はふつう、1週間から10日ほどで自然に治ります。しかし、まれですが、髄膜炎、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、辛い息切れや胸の痛みが出る心筋炎、あるいは、顔面麻痺や両手の麻痺が出る急性弛緩性麻痺などが出るので注意が必要です。

★病気の原因は?

この病気の原因は、ウイルスが原因になります。風邪と同じように、空気中のウイルスを吸い込んだり、ウイルスのついたものに触ったりしてそれが口から入ることで感染する飛沫感染です。

そしてここが問題なんですが、手足口病になるウイルスは複数あるということです。普通、ウイルスに感染して病気になると、そのウイルスへの免疫ができて、その後は、その病気になりにくくなるものです。しかし、手足口病では、色んなウイルスで発症するため、1つのウイルスの免疫ができても別のウイルスに感染すると、また手足口病を発症してしまう、という危険があります。結局、すべてのウイルスの免疫ができるまで、何度も発症するリスクがあるんです。

★誤解されていること

そしてこの手足口病ですが、いろいろ誤解されている面もあり注意が必要です。

誤解のその1は、子供の病気という報道が多いため、大人は発症しないと思われていること。一般的には、手足口病は乳幼児に多いことが知られていますが、大人でもかかります。しかも、子どもよりも大人のほうが、症状が重く出やすいので、注意が必要です。特に、発疹の痛みは大人が強く、足裏などにひどく出ると歩けないほどになることもあります。

また、インフルエンザにかかったときのような、全身の倦怠感、悪寒、関節痛、そして筋肉痛などの症状が出ることがあるのも、大人の特徴です。手足口病は大人もかかる、発疹・水ぶくれだけでなく、倦怠感、関節痛などにつながる、このことは覚えておいてください。

そして誤解のその2は、手足口病は、手足口以外にひじ、ひざ、お尻などにも症状が出ます。特に近年では、お尻に出る傾向が強くなっています。手足口病の原因は、幾つかのウイルスですが、ウイルスというのは変異しやすいです。その変異によって、今までとは違う場所にも、発疹・水ぶくれが出るようになっています。手足口病という名前ですが、必ずしも、そこだけじゃないということも覚えておいてください。

★治療は?

手足口病に特効薬はなく、特別な治療方法はありません。口の中の炎症に対して鎮痛薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などが使われます。このように基本的には対処療法なので、病院に行っても仕方ない、と思われがちですが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が起こる場合があります。ですので、手足口病と思われる症状があるときは、病院へ行ってください。

★手足口病の兆候は?

具体的には

  • 口内炎ができていて、手や足にも発疹のようなものが出ている
  • 口の中が痛く、熱がある
  • よくわからない発疹が、手足だけではなくほかの箇所にも見られる
  • 風邪の前触れのような悪寒がある
  • 全身がだるい
  • 関節痛や筋肉痛がある

家族も含め、手足口病の人と接した後にこうした症状が出た場合は、子供も大人も病院へ。

なお、手足口病を予防する有効なワクチンはないので、基本的な予防しかありません。手足口病は基本的には飛沫感染ですから、身近に患者さんがいたら、マスクで予防。そして手洗い、うがい、後は免疫力を落とさないように規則正しい生活しかありません。また、お子さんのおむつを交換したときは、よりしっかりと手洗いをしましょう。

日本全国8時です(松井宏夫)

解説:医学ジャーナリスト松井宏夫

 

松井宏夫の日本全国8時です(リンクは1週間のみ有効)http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190708080130

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)