お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ノンフィクション作家・田崎健太さんと語るインタビュー論

ACTION

7月9日(火)のゲストはノンフィクション作家の田崎健太さん。人物にスポットを当てる田崎さんからインタビュー術、また若い頃可愛がれた勝新太郎さんの話を伺いました。

田崎:人は好き嫌い置いといて、それぞれ物語を持っていると思っていて。それを聞きたいなと。どんな人でも物語を持っているので、それを軸に色んなジャンルを書いていくというのは考えていますね。

尾崎:自分がファンとかものすごく興味があるという理由ではないということですね。

田崎:難しいところですが、好き過ぎると取材しにくくないですか?2番目に好きな子の方が口説きやすくないですか?(笑)

尾崎:そういうことか(笑)でも根本にはリスペクトがあるということですよね。

田崎:もちろん。全く興味が無いのも書けないですが、あんまり好き過ぎるのも。僕は音楽好きですがミュージシャンでは誰も書いてないし、オートバイも好きですが書いてないし。

幸坂:ちょっとでも興味があったら取材してみようということですか?

田崎:いつも考えてますね。あとは縁とか運とかあるので。こういう人を取材したいとずっと考えてて、下調べは常にしていて。その中で、「◯◯さん知ってるよ」と言われたら「僕、会いたいんですよ!」と言って取材する感じですね。

幸坂:人との繋がりで取材されてるんですね。

尾崎:取材を断られることもあるんですか?

田崎:結構断られます。それこそフラれてもめげない精神力は必要ですよ。ある人には1回手紙書いて断られて、2回目手紙書いて断られて。もう1回ぐらい手紙書こうかなと思ってますが。

幸坂:結構アタックされるんですね!

田崎:向こうの気分もあるし。話す時期じゃないと思ってるときに行ったって駄目だし、そのときは待っといて手紙書くみたいなことをしてますよ。

幸坂:恋愛みたいですね。

尾崎:人生をその人にさらけ出すというのは、それぐらい覚悟のいることなんでしょうね。

幸坂:勝新太郎さんの印象はどうでしたか?

田崎:僕は20代半ばで勝さんと銀座のクラブで飲んで、勝さんが「MY WAY」を歌ってるのを見てたので。

尾崎:初めての出会いはどんな感じだったのでしょうか?

田崎:僕が小学館の社員のとき、勝さんの人生相談という今だったらコンプライアンスに引っかかる企画を担当していて。夜な夜な勝さんと飲んで。でも僕は20代半ばで、勝新太郎の何も分かってなかったんですよね。

尾崎:だからこそ近くにいられたということも?

田崎:あったと思います。だから勝さんに映画のことについて勝手に話してましたね。偉そうに言ってましたね。

尾崎:でも面白がって聞いてくれたんですかね。

田崎:そうですね。でも今は改めて勝さんにとんでもないこと言ってたんだなと(笑)

尾崎:他に勝さんと出掛けたところってあるんですか?

田崎:タランティーノが来たときに勝さんと一緒に飲んだりね。

尾崎:田崎さん、20代の頃タランティーノと飲んでるんですか?(笑)

田崎:勝さんのところに皆来るので(笑)

尾崎:田崎さんはインタビューをどう捉えていますか?

田崎:これは自分が「お前は何者だ?」と問われることだと思います。誰かに話を聞くということは。「俺もこんなに面白いものを持ってますよ」というのを常に持ってなきゃいけないなと。

尾崎:聞くということは自分自身を伝えるということでもあるんですね。

田崎:だって尾崎さんもインタビューを受けるじゃないですか。インタビュアーによって出す内容は変えるでしょ?

尾崎:変えますね。「この人を喜ばせたい」って思う人もいますね。

田崎:「そこまで分かってるんだったら喋ってあげよう」みたいなね。でも当たり障りのない、「最近どうですか?」みたいなのは答えたくないでしょ。これは質問者の力ですよ。

尾崎:意外とインタビュー中はあんまり盛り上がらなかったけど原稿になったら「いいな」と思う人もいるんですけど、田崎さんはどうですか?

田崎:これも色んなタイプがいて。僕は普段より半トーンあげてインタビューしてますね。

幸坂:質問はどう考えていますか?

田崎:話しながら質問は考えてます。年表を作って、頭の中に資料は入れてるんですが、それを全部捨てます。で、話しながら聞きたいことだけを聞いていきますね。

尾崎:話が盛り上がらなかったときはどうされますか?

田崎:最近は無くなりましたが、昔はありましたね。忌野清志郎さんの取材は盛り上がらなくて大変で。でも、他の人がインタビューをした記事を見て凹んだ記憶が。あのときの清志郎さんに、どういう聞き方をすれば良かったんだろうと、今でも・・・

 

このあと忌野清志郎さんの取材話や、長州力さん、月亭可朝さんのインタビュー話も。全編はradikoのタイムフリーで。

7月9日のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190709163009

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)