お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

ひとり旅初心者こそ「離島のゲストハウス」が楽しい

ジェーン・スー 生活は踊る

ひとり旅のススメ


イラストエッセイストの松鳥むうさんは、看護師時代に、友だちとスケジュールが合わず、致し方なく行ったひとり旅にはまり、現在は国内98の島を旅行したほど。そんな松鳥さんが勧める、ひとり旅の楽しむポイントは?

▼地元の人との交流。ひとりの方が圧倒的に、向こうから声をかけてくれる。
▼誰かに合わせる必要がないので、完全燃焼できる。
▼理想の自分になれる。

ゲストハウスに泊まろう

▼ゲストハウスとは、2段ベッドなどの相部屋形式の素泊まり宿で、松鳥さんによると、旅行者同士の交流が生まれやすい。
▼しかも、小さめのところ。オーナーが直接対応してくれたり、夫婦で切り盛りしているところは、かまってくれるのでオススメだそう。
▼女子専用の宿もあるので、初めての人はそっちがいいかも。

とはいえ、「ひとり旅なんてしたことない」という人が多数。そんなひとり旅初心者に、松鳥さんが指南。「『ひとり旅 初心者』にオススメの離島」をご紹介します。

今年の夏休み、何しようか迷っている人は、ひとり旅デビューしてください!(松鳥)

ひとり旅のデビュー戦にオススメ!とにかく行きやすい!新島

▼ご存じの方も多いかと思いますが、静岡県下田市の南東にある新島。住所は東京都。関東から行くなら距離も時間も安心の離島。名前は知っていても、行ったことがある人は少ないのでは。
「今年の夏休みにひとり旅してみようかな」という人にはオススメ
▼東京の竹芝桟橋、横浜の大桟橋からフェリーでいけます。
▼見どころのひとつが、「コーガ石」の建造物。渋谷駅にあるモヤイ像は、新島のコーガ石で作られている。コーガ石の家の集落や、露天温泉など海外のような雰囲気に。
▼ミルキーブルーのキレイな海。この時期はもちろんいいけど、オフシーズンの冬も美しい。
▼ゲストハウスは「ホステルナブラ」がオススメ。昔映画館だったコーガ石の建物をリノベーションして、民宿に。白と青が基調のオシャレな宿。

とにかくのんびりしたい人には、瀬戸内の佐島

▼瀬戸内海のしまなみ海道の東側に浮かぶ島。広島県の尾道の南にあります。(住所は、愛媛県越智郡)
▼この島、いわゆる観光スポットらしいスポットはないけど、その分、観光客が少なく、人口も少ないので、のんびり過ごすには最適。
▼そして、何よりオススメなのが、「古民家ゲストハウス汐見の家」。このゲストハウスができてから、島に惚れて移住する人が増えた。
▼移住者は、旅行者の気持ちがわるので、優しく接してくれる。
▼お願いすれば、「薪炊きの五右衛門風呂」にも入れるそう。

もっと他の離島や、地元の人と仲良くなるコツを知りたければ・・・

松鳥さんによるハウツー本「初めてのひとり旅
枻出版社から、税抜き980円で発売中
これを読んでいただければ、明日にでもひとり旅に出発できちゃう!?

<↓ひとり旅に出る前に一度は聴こう↓>

<松鳥むう(イラストエッセイスト)>
■滋賀県出身。
■看護師をしていた20歳のときに、北海道・富良野(ふらの)のゲストハウスに宿泊したことで、“ひとり旅”の楽しさに気づきます。
■それ以来、離島とゲストハウスを巡る旅がライフワークとなり、これまで国内98の島を旅行されています。

初の番組本『生活が踊る歌 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」音楽コラム傑作選』が発売中

生活が踊る歌 -TBSラジオ『ジェーン・スー 生活は踊る』音楽コラム傑作選-