お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

これまでの「高畑勲」像を変える、とある資料とは…【巨匠アニメ監督の真実】

アフター6ジャンクション

様々な文化の研究・発信・そしてさらにその先を目指す「ビヨンド・ザ・カルチャー」。7/30は…「今、あらためて考える。アニメーション監督“高畑勲”とは何者なのか?特集 by叶精二」

『太陽の王子 ホルスの大冒険』『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『かぐや姫の物語』などの傑作を手がけた日本を代表するアニメーション監督、高畑勲。現在、東京国立美術館で開催されている回顧展「高畑勲展──日本のアニメーションに遺したもの」では、新たに発見された資料も並び、これまでの高畑勲像を一変させるような展示になっているんだとか…。

この展覧会でアドバイザーも担当されている映像研究家の叶精二さんをお招きし、今改めてこの希代のアニメ演出家の足跡、そして功績を解説いただきました!