お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【自由研究】カラフルで可愛い“宝石石鹸”を作ってみた!

ジェーン・スー 生活は踊る

すでにお子さんの自由研究は終わりましたか?7月も終わり、そろそろ考え始めた方がいいですよね。そんな方にぜひおすすめしたいのが「」。宝石石鹸とは、名前の通り、宝石のように美しい石鹸のこと。簡単・キレイ・日常生活で使える!ということで、大人のみなさんにも、ぜひ、試してほしいんです!

こんな石鹸が作れちゃうんです!


材料
・市販されているグリセリンソープを用意。
グリセリンソープは、電子レンジで溶かして固めるだけで、すぐに石鹸を手作りできます。価格は、だいたい500gで1300円ほど。
・耐熱容器

作り方
①グリセリンソープを耐熱容器に入れ、10〜15秒くらい電子レンジでチン!これがベース。
②このベースに食紅で色付けして、着色。香りをつけたい人は、ここで入れましょう。(私たちはハッカ油を数滴いれました。)他にも石鹸のかけらをいれたりしてもOK!
③これを紙コップに注いで、固めて、注いで、固めて・・・の繰り返し!ほっておいても固まりますが、冷蔵庫に入れちゃいました。紙コップに斜めに流し込んで固めれば、形も変えられます。
④固まったら、紙コップを剥がし、カッターなどで形を整えれば・・・出来上がり!

注意点
・グリセリンソープはチンしすぎると噴火するので気をつけましょう!
・チンしたては熱いです!
・意外とすぐに固まっちゃうので、ご注意を!

実際に宝石石鹸を作った、小倉アナの娘さん・ナナちゃん(7歳)にアドバイスを聞きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

Q:どんなところが作っていて楽しかった?

「切るところが楽しかった!(カッターで形を整えるときに)」

Q:どんなところが難しかった?

「出来上がった石鹸を、紙コップから出すところが難しかった!」

Q:これから作る人に、どんなアドバイスを送る?

「紙コップをはがすときに、カッターで石鹸を傷つけないようにしよう!」

ちなみに、小学6年生のお姉さん・ルナさんに、作った感想を聞いてみると・・・
「思ったより簡単。色を重ねたりデザインしたのが楽しい。個性が出せる石鹸が作れた。網に入れて、水道に置いて使いたい!」とのこと。

こちらはキットを使って作った石鹸。

この夏は、子供も大人も、透き通る色が美しい、宝石石鹸にチャレンジしてみませんか?