お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「話題の映画『存在のない子供たち』。ナディーン・ラバキー監督のインタビューから考える中東の貧困と移民・難民問題」2019年8月1日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」22時~)

荻上チキ Session-22

荻上チキ・Session-22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session
時事問題など、およそ1時間にわたり特集

話題の映画『存在のない子供たち
ナディーン・ラバキー監督のインタビューからを考える中東の貧困と移民・難民問題

中東のレバノンの貧民街で暮らす人々の厳しい暮らしと、その過酷な現状を子供たちの視点から描いた話題作『存在のない子供たち』が、先月、日本で劇場公開されました。
この作品は、昨年の第71回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門審査員賞とエキュメニカル審査員賞をW受賞し、さらにアメリカ、アカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の外国語映画賞にノミネートされました。
今夜は、映画『存在のない子供たち』を3年かけて作り上げたナディーン・ラバキー監督のインタビューから、中東の貧困、移民、難民問題について専門家の方と考えます。

【スタジオゲスト】
難民・移民政策に詳しい一橋大学准教授の橋本直子さん

★番組では月曜から金曜まで、その日のテーマについてなど、メールマガジンを配信中★
登録したい方はこちらからお願いします

===============================
「荻上チキ・Session-22」
TBSラジオで平日午後10時から生放送!
*ラジオはAM954/FM90.5
*パソコンorスマホで「radiko」でどうぞ
===============================