お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「夏の解放感を煽る、最新サマーディスコ特集」(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム

「夏の解放感を煽る、最新サマーディスコ特集」

夏の解放感を煽る、最新サマーディスコ特集http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190802123513

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

【高橋芳朗】
本日のテーマはこちら! 「夏の解放感を煽る、最新サマーディスコ特集」。ここ1〜2ヶ月でリリースされた新譜から、とびきり爽やかなディスコソングを4曲紹介します。まあ、サマーディスコなんてジャンルはないんですけど(笑)。

【ジェーン・スー】
でも夏とディスコは映えますよね。

【高橋芳朗】
まずは日本でも大人気のタキシード「You & Me」。これは7月19日にリリースされたニューアルバム『Tuxedo III』の収録曲になります。タキシードはシンガーソングライターのメイヤー・ホーソーンとヒップホッププロデューサーのジェイク・ワンによるカリフォルニアを拠点とするディスコ/ファンクユニット。今回も80年代ディスコ/ファンクのセンスのいいオマージュを披露しています。

M1 You & Me / Tuxedo


【ジェーン・スー】
さじ加減が腹立たしいほどに控えめ。でも、抑えているけどツボは突くみたいな。

【堀井美香】
暑くないね。

【ジェーン・スー】
そう、暑くない。

【高橋芳朗】
爽やかですよね。オープンカーにでも乗りながら聴きたい。

【ジェーン・スー】
湿度が低いね、本当に。

【高橋芳朗】
続いてはマイケル・キワヌーカ&トム・ミッシュの「Money」。これは6月17日にリリースされたコラボシングルです。トム・ミッシュはこのコーナーで何度も取り上げていますね。ロンドン出身のシンガーソングライターでありギタリスト。去年のCDショップ大賞洋楽賞を受賞した、あのトム・ミッシュです。一方のマイケル・キワヌーカはウガンダ人の両親を持つロンドン出身のシンガーソングライター。これまでは比較的フォークロックもしくはフォーキーなソウルミュージック路線だったんですけど、この曲は完全にトム・ミッシュの音楽性に寄った作風になっています。サビはトム・ミッシュがファルセットで歌っていて、この部分に関しては今日の番組のオープニングでかかったマーヴィン・ゲイの「Got to Give it Up」風。でも、曲全体としてはタキシードと同じく80年代ディスコのオマージュになっています。

M2 Money / Michael Kiwanuka & Tom Misch

【高橋芳朗】
ここまでの2曲は往年のディスコ/ファンクのオマージュ的な曲を聴いてもらいましたが、ここからの2曲は現行のポップス/R&Bにディスコの要素を取り入れた曲を紹介したいと思います。まずはユナの「Blank Marquee」を。これは7月12日にリリースされましたニューアルバム『Rouge』の収録曲。ゲストラッパーとしてG・イージーが参加しています。ユナはマレーシア出身のシンガーソングライターで、母国で成功をおさめたのち2012年に世界進出を果たしています。ずっと女性をエンパワーメントする曲を歌い続いけていたり、マレーシアの国境であるムスリムに対する誤解や偏見を解く活動をしていたり、アクティビストとしても注目を集めている方ですね。

M3 Blank Marquee ft. G-Eazy / Yuna

【堀井美香】
ホテルニューオータニのナイトプールでかかっている曲みたい(笑)。

【ジェーン・スー】
確かにナイトプール感ありますよね。行ったことないけど。

【高橋芳朗】
最後はクリス・ブラウンの「Side N***a」。これは6月28日に出たニューアルバム「Indigo」の収録曲です。クリス・ブラウンはご存知の方も多いでしょう。「ネクスト・マイケル・ジャクソン」の触れ込みでデビューしたバージニア出身のR&Bシンガー。現行の「King of R&B」といえる存在です。ただ、彼は素行不良の問題児として悪名が高くて。この曲もめちゃくちゃ爽やかなディスコ調の曲なんですけど、歌っている内容自体はかなりひどい。タイトルの「Side N***a」は「間男」や「情夫」みたいな意味で、サビでは「あのコにカレシ/夫がいるのはわかってる。でもそんなの関係ない。僕は今年イチのイケてる間男になるんだ」と歌い上げています。

M4 Side N***a / Chris Brown

【ジェーン・スー】
くっそー! いい曲だな(笑)。

【高橋芳朗】
これだけ爽快でいい曲なのに、歌詞が本当に残念というね。というわけで、今回は夏にぴったりなディスコソングを4曲お届けいたしました!

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

7/29(月)

(11:05) I Got the News / Steely Dan
(11:21) Tracey / Dane Donohue
(11:35) Livin’ On The Fault Line / The Doobie Brothers
(12:14) Room at the Top / Pages

7/30(火)

(11:05) Summer, Highland Falls / Billie Joel
(11:25) Dance With Me / Orleans
(11:35) You Gentle Me / Carole King
(12:14) What’s Important to Me / Daryl Hall & John Oates
(12:49) Summer Connection / 大貫妙子

7/31(水)

(11:05) Vacation / The Go-Go’s
(11:36) One in a Million / The Romantics
(12:15) Message of Love / The Pretenders
(12:51) Beautiful Surprise / Wyolica
The Beach Boys – California Girls (1965)

8/1(木)

(11:05) California Girls / The Beach Boys
(11:24) Gary Lewis & The Playboys / Green Grass
(12:36) I’m a Believer / The Monkees
(12:16) These Boots Are Made for Walkin’ / Nancy Sinatra

8/2(金)

(11:05) Got to Give it Up / Marvin Gaye
(11:25) Dusic / Brick
(11:35) Jupiter / Earth Wind & Fire
(12:13) Squeeze the Fruit / Commodores