お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • コラム
  • 放送ログ
  • 音声あり

尾崎世界観「本業と副業って何だろう…?」

ACTION

最近、「泣きたくなるほど嬉しい日々に」というエッセイ本を出した尾崎世界観さん。本業であるバンドではない“副業をすること”について考えることが多くなったようです。

尾崎:先日、この本の刊行イベントがあったんですよ。トークをやってサイン会もして。ファンの方と触れ合う機会って貴重なので。バンド活動の上で、握手会とかお客さんと触れ合うイベントは避けてるんですよ。

幸坂:へえ~!

尾崎:でも本っていうものは本業でもないから書くの難しいし時間もかかってるので、そのときくらいはお客さんと触れ合う機会があってもいいのかなっていう自分へのご褒美という意味も込めて、毎回やってるんですね。

幸坂:はい。

尾崎:それで楽しくイベントは終わって。最近してなかったんですけど、なんか不快な思いをさせてたら嫌だなと思って確認のためにエゴサーチをしてみたんです。

幸坂:あら、しちゃったんですね。


尾崎:一つ、「居酒屋でたまたまクリープハイプ好きな人に出会って、尾崎さん大好き!っていうタイプのファンだったら嫌だなって思ったんだけど、“尾崎は野球の解説してる暇があったら新曲作ってツアーしろ”っていうタイプの人だったから安心した」っていうことが書いてあったんですね。

幸坂:おお…

尾崎:そういうお客さんもいるんだなと思って。ちゃんとバンドやってほしいよねっていう話をしたようで…。なるほどそうか、本書いてイベントやってお客さんに会うのも副業になるんだよなって思って。改めて勉強になったというか、みんながみんな、音楽に関係ないものを認めてくれるわけじゃないですからね…

8月6日のPERSONALITY ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190806160000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)