お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

尾崎世界観の監視役・立川談春、尾崎のイライラ話に…

ACTION

TBSラジオ「ACTION」。8月13日(火)のゲストは落語家の立川談春さん!今回は日頃からイライラすることが多い尾崎世界観さんのイライラ放送回を一緒に振り返えっていただき、ご意見していただきます!

■7月9日放送分。とりあえずの「すみません」について
バンド活動の告知に関してスタッフのミスに気が付きLINEで指摘をした尾崎さん。スタッフからお詫びの返信が来たものの、納得がいかず返信しないで放置していました。すると、スタッフから再びLINEが。「先ほどはすみませんでした。ところで別件なのですが…」これにイラッ!!

尾崎:憤りを隠せませんでした…。

談春:すごい気持ちは分かるよ!ところで別件をもう一回送りなおせと!!ところで別件じゃねえだろ!ということでよろしいでしょ?

尾崎:そうです!

談春:でもさ、幸坂さんわかってないの。なにこの会話で共通の価値観持ってるの?っていう目だよね!

幸坂:…はい!(笑)

談春:このスタッフは本気で謝ってると思う。「すいませんでした。ところで別件なのですが…」じゃあここの合間どうしたらいいんですかっていうことと、これで一回送って5分後に送ったらなんで許せるんですか?っていうこと。おそらく相手はこれを伝えようとしないよね。言ってもわかんないって。でも俺なんかは、いや違うんだと、こうした方がいいよっていうのを伝えたいわけ。

尾崎:うんうん。

談春:あなたはまだ怒ってるわけでしょ。

尾崎:怒ってますね、そこに対しての憤りしかないです。

談春:でしょ?ある程度の歳になってくると、「ちがうんだと言っている私がちがうんだ」とこの頃思ってきたわけだよ。

尾崎:それはいつ頃からですか?

談春:今年に入ってから。だからこういう意思の疎通をするために、言葉があって会話があってって思ってたわけ。でも言葉の使いようによって武器になるんだから、言葉で生きていく稼業でしょ?だからそういうんじゃないと。相手から言わせると「あなたの言葉は凶器だ」って言われた。おそらくこれがパワハラってことなんでしょ。

幸坂:そっかぁ…。

談春:また別の人にはね、「相手の目を見てその人の胸に届くように一生懸命しゃべることを、ちょっとオーバーだけど今の世の中はパワハラっていうんだよ」って言われた。

尾崎:言葉だけで言いくるめることができるって自信あるんですよね。でもそれをやったら言いすぎってなるから…。言葉を持ってた方が損だっていうのが、これは何なんだろうって。

談春:損得の考え方はしたことないけど、知り合いでもラブレターみたいなことを言わなきゃいけないわけだよね。要するに自分がこう伝えて分かってもらえませんか?だと分かってもらえないから。相手に分かるように伝えましょうってこと。

立川談春さんと振り返る尾崎さんのイライラ回、まだまだあります!全編はradikoのタイムフリーで!

8月13日のGUEST ACTIONを聴くhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190813162800

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)