お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ドッグカメラ」があれば愛犬と24時間365日一緒にいられるらしい

ジェーン・スー 生活は踊る

見守りカメラとは

家電コーディネーターの戸井田園子さんによると・・・

卓上型などのカメラを使って、家族やペットを外出先や家の離れた場所から見守るカメラが増えています。人気の背景には、都心への一極集中が進み、離れて暮らす高齢の親の安否を確認したいニーズがあります。

家にカメラを置くことに抵抗ある人もいるので、導入する際には、家族で同意を得ることは大切です。最近では、一方的に見るだけではなく、スマホとの連動して、カメラについているマイクとスピーカーでコミュニケーションをとることも可能なグッズが登場しています。

戸井田さんも愛用しているという「見守りカメラ」2つをご紹介!

手軽なホームセキュリティ「Arlo Q」


▼ネットワークカメラと呼ばれるもので、カメラで映像を捉えてネットを通じてスマホ・PCで映像を確認できるもの。

▼高齢者の安否確認や子供の留守番時に便利。不審者の侵入していないかなど、防犯カメラとしても有能です。
▼マイク・スピーカーが内蔵しているので、外出先から子供に宿題を促すことも可能です!
▼ちなみにArlo Qは、1週間分の映像をインターネット上に保存できるので、気になる瞬間を遡って様子を確認できます。
▼センサーの範囲は15mで、“動きを検知して”録画を開始します。
▼電源はACアダプターから行うので電池切れも心配なし。手軽なセコムとして使うことができます。(「カメラ作動中」のステッカーも付属)

『Arlo Q』

価格はamazonで税込16,091円

外出先でもペットと遊べる!ファーボ「おやつが飛び出すドッグカメラ」


▼実は晩婚化、未婚率の上昇によってペット用の見守りカメラも増えています。
▼この「おやつが飛び出すドッグカメラ」は、その名のとおり!外出先からスマホを操作すると、本体にセットしておいた おやつが飛び出します。
▼飛び出したおやつとペットがじゃれて遊ぶ姿を楽しめます、かわいい!

スタジオでは杉山犬におやつをあげてみました


▼スマホの画面にはライブ映像と、中央には黄色のおやつのアイコン。
▼おやつアイコンをスワイプすることで、本体からおやつが飛び出します。

▼人間の出入りがあると記録され、通知が届くので、見守り的要素が追加されています。
▼こちらもマイクとスピーカー内蔵でお互いに会話もできる上に、愛犬が吠えるとスマホに通知が来るようにすることも可能。

ファーボ「おやつが飛び出すドッグカメラ」

値段がちょっと高いな、という人には・・・

「ミニオンズFlexiカム」
税込み6,458円
▼映画「ミニオンズ」をモチーフにしたカメラ。オモチャ感覚でお試しで導入しやすいと思います
▼機能も、カメラで撮るほか、ボイス機能もあるので十分です

<↓杉山犬におやつをあげる気持ちになれる音声↓>