お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

【作品紹介】「高慢と偏見」(2019年9月15日、9月22日)

ラジオシアター~文学の扉

ジェイン・オースティンは、41歳でこの世を去りました。
生涯独身でしたが、小説では主人公の女性が、かなりの確率で結婚、ハッピーエンドという作品を書きました。
題材は身近な人物模様を選び、大きな事件もだいそれた設定もありませんでした。
夏目漱石は、早くからジェイン・オースティンに注目し、優れた描写ができるひとだと絶賛していました。

「高慢と偏見」
イギリスの静かな田舎町ロングボーンに引っ越してきた、資産家ビングリー。
ベネット家には5人の娘がいて、ベネット夫妻は、娘の誰かがビングリーと結婚してくれたらと願う。
次女エリザベスは、まずビングリーの友人のダーシーの気位の高さに反感を持つが・・・。
長女ジェインとビングリーは、順調に愛を育むと思いきや・・・。

ピックアップ