お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「開かれた場のジレンマ」Part2▽鈴木謙介、速水健朗、永田夏来、五十嵐泰正、仁平典宏、倉本さおり、塚越健司、宮崎智之、柳瀬博一、斎藤哲也ほか(TBSラジオ「文化系トークラジオLife」2019年8月25日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版

仁平典宏さん(撮影:ササキミチヨ)

出演者:鈴木謙介(charlie)、速水健朗、永田夏来、五十嵐泰正、仁平典宏、倉本さおり、塚越健司、柳瀬博一、宮崎智之、斎藤哲也ほか

〇禁止だらけのパブリックスペース
・近所の児童公園の禁止事項が増えた結果、子供の利用が減る(リスナー)
・禁止しないことでコントロールする池袋南公園(速水)
・パブリックスペースは「何をしてもいい」のか「何もしてはいけない」のか(c)

〇どこまでがだれの責任か
・近年の花火大会の本当の問題は警備コストの肥大化(リスナー)
 →ある程度コントロールされた場で感情の解放の仕方を学ぶべき(リスナー)
・フェイルセーフをどこに置くか(柳瀬)
 →安全を概念化していない時代が長すぎたのが花火大会(柳瀬)
・日本の役所は重箱の隅をつつかれないよう安全対策を肥大化(柳瀬)
・日本人は公共場に対して役所責任だと感じてしまう(柳瀬)
・参加者の多様性にどこまで応えるか(c)

〇お客様気分の参加者
・巨大イベントになったコミケ(リスナー)
 →互助精神の希薄化と安全管理コストの肥大化、いつか事件につながるのでは(リスナー)
・意識だけではなく手つきも変化(c)
・参加者の当事者意識が強かったコミケやロックフェス(永田)
 →受け手専門のつもりで来る人の増加(永田)
・イベントのお客様ではなく主催者と一緒に楽しむつもりで参加すればwin-win(リスナー)
・イベントの規模が広がると消費者意識になる(五十嵐)
・主催は安全第一、参加者は自己責任で主体的にやるのが理想だが(柳瀬)
 →アーキテクチャで上手くコントロールしていくの実現可能性があり美しい(柳瀬)
・どう当事者性を持たせるか(c)
・コストを担わずにメリットだけ得ようとする「フリーライダー」(c)

〇動員数の先にある問題
・オープンキャンパスにすら受益者としてサービスを求める人々(リスナー)
・公的なものはみんなで作る、から消費者としてメリットを享受する、に(仁平)
・適正規模以上に大きくなってしまう事業(仁平)
 →多くの人に人気のあるものを、という求めに応えた結果(仁平)
・行政すら成果を求められる(永田)
・広告ばかり上手い事業者が人を集めすぎて運営が破綻するパターン(柳瀬)
 →動員数を指標にした結果の破綻(c)

〇Life関連アーカイブ
2018/08/26「そのコトにプレミアム料金を払いますか? 〜課金化する社会のゆくえ」
https://www.tbsradio.jp/life/20180826/index.html

2017/06/25「”共感”される”エモい””パワーワード”を“忖度”して”PR”!」
https://www.tbsradio.jp/life/20170625pr/index.html

●反町隆史 “Poison” (仁平典宏さん選曲)

参考資料