お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をより楽しむための音楽ガイド(高橋芳朗の洋楽コラム)

ジェーン・スー 生活は踊る

音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんによる洋楽コラム

「クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をより楽しむための音楽ガイド」
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド オリジナル・サウンドトラック

【高橋芳朗】
本日はこんなテーマでお送りいたします。「クエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』をより楽しむための音楽ガイド」。

【高橋芳朗】
先週の金曜日、8月30日より公開になりましたクエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。

【ジェーン・スー】
話題騒然ですね。

【高橋芳朗】
そうですね。タランティーノ自身過去8作品の集大成と語っていますが、実際彼の最高傑作に推す声も多いようですね。

【ジェーン・スー】
本当? どうだったどうだった?

【高橋芳朗】
フフフフフ、最高の最高の最高!

【ジェーン・スー】
そうなんだ! 私の周りでも「最高!」って人と「うーん? まあ、普通」って人とで評価がすごくわかれてるんですよ。「最高!」の人たちはもう吹きあげまくってるね。

【高橋芳朗】
うん。「こういう体験がしたいから映画館に行くんだよ!」って快哉を叫びたくなるぐらいに最高でした。では、まずはその『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がどんな映画なのかご紹介しておきましょう。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は、クエンティン・タランティーノの通算9作目となる長編監督作品。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットのダブル主演が実現していることでも話題ですね。落ち目の俳優リック・ダルトンと彼の専属スタントマンを務めるクリフ・ブースの友情と絆を軸に、1969年、過渡期を迎えたハリウッド黄金時代の最後の瞬間を郷愁とリスペクトをもって描いています。共演はマーゴット・ロビー、アル・パチーノなど。

よく言われているように、この映画にタランティーノが託した意義を理解しストーリーを存分に楽しむには、最低限1969年8月9日に起きた女優のシャロン・テート殺人事件の概要は知っておいた方がいいと思います。これはマストでしょうね。

【ジェーン・スー】
なるほど。

【高橋芳朗】
同様に、劇中で流れる一部の音楽も歌詞や背景を知っていた方がより映画を楽しめるんじゃないかと思いました。今回、歌詞対訳の字幕は一切出ないんですよ。そこで、今日は映画のなかで特にエモーショナルに響いた挿入歌を歌詞や背景を交えつつ3曲紹介したいと思います。ちなみにこの『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、最後のクレジットでカウントすると約60もの曲が流れるという(笑)。

【ジェーン・スー】
ええっ、すごい! 映画自体が結構長いって聞いていたけど……。

【高橋芳朗】
ドライブシーンが多くて、カーラジオからひっきりなしに60年代のご機嫌なロックやポップスが流れているんですよ。じゃあまずはそんななかから一曲、ディープ・パープルの「Hush」を聴いてもらいましょう。1968年の作品。ディープ・パープルは「Smoke On The Water」などのヒットでおなじみのハードロックバンド、「Hush」は彼らのデビューヒットになります。

この曲はマーゴット・ロビー演じるシャロン・テートと彼女の夫の映画監督ロマン・ポランスキーがオープンカーでドライブしているシーンで流れるんですけど、シャロン・テートが頭に巻いていたスカーフを取ったときに彼女のブロンドヘアがスローモーションでふわっと風に流れるんですね。そこに「Hush」の「She’s the best girl that I ever had」(彼女はいままで付き合った子のなかでも最高なんだ)というフレーズがオーバーラップしてくるめちゃくちゃかっこいいシーンです。

M1 Hush / Deep Purple


【高橋芳朗】
ディープ・パープルの「Hush」、スーさんはクーラー・シェイカーのカバーバージョンで聴いたことがあるって話していましたね。

続いては、物語の流れが変わるひとつの分岐点になるようなシーンで夕暮れのハリウッドをバックにかかるホセ・フェリシアーノの「California Dreamin’」。1968年の作品。

【ジェーン・スー】
まだ見てないけどさ、そんなタイミングで「California Dreamin’」はエモいね!

【高橋芳朗】
そう、めっちゃエモいんですよ! この曲はいまBGMでかかっているザ・ママス&ザ・パパスの1965年ヒット曲のカバーになるんですけど、歌詞は冬のニューヨークから暖かいカリフォルニアに思いを馳せる内容になっていて。遠く離れた地からフラワームーブメントやカウンターカルチャーに沸く「夢の国カリフォルニア」に胸をときめかせるという、60年代半ばのカリフォルニアを賛美するような歌なんですね。

でも、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で流れるホセ・フェリシアーノ版の「California Dreamin’」はザ・ママス&ザ・パパス版のみずみずしさと正反対のちょっとうらさびしくて物悲しいアレンジになっていて。夢の国カリフォルニアというよりは、在りし日の輝いていたカリフォルニアの幻影を惜しむように流れてくるんですよ。まさにハリウッド黄金時代の終焉。ひとつの古き良き時代の終焉を描いた『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のテーマソングと言ってもいいんじゃないかと思います。

M2 California Dreamin’ / Jose Feliciano


【高橋芳朗】
最後はローリング・ストーンズの「Out Of Time」。1966年の作品。これは落ち目になってハリウッドで仕事がなくなったディカプリオ演じるリックとブラピ演じるクリフがイタリアでマカロニウエスタンの撮影を終えて、またハリウッドに帰ってくるときに夜のロサンゼルスのネオン街をバックに流れる曲になります。

さっき聴いてもらったホセ・フェリシアーノの「California Dreamin’」が大きな転機を迎えたハリウッド黄金時代の終焉を象徴する曲だとするならば、このストーンズの「Out Of Time」はそんな激動のハリウッドのなかで取り残された人々、つまり主人公のリックとクリフを象徴する曲になります。

タイトルの「Out Of Time」は「時代遅れ」という意味で、もともとこの曲は恋人に「もうお前は時代遅れなんだよ」「お前にはもう用がないんだ」と告げる別れの曲なんですけど、この映画ではそれを主人公のリックとクリフに重ね合わせているんですね。でも決して突き放す感じではなく、彼らふたりに優しく寄り添うように流れてくるあたりにタランティーノのハリウッドに対する愛情とリスペクトを感じました。ちなみに、『マグノリア』や『ブギーナイツ』でおなじみポール・トーマス・アンダーソン監督はこの「Out Of Time」が流れる場面を映画のベストシーンに挙げています。

M3 Out Of Time / The Rolling Stones

【高橋芳朗】
ストーンズの「Out of Time」、オリジナルバージョンではなくもともとお蔵入りになっていたストリングスの入った未発表バージョンを使ってくるあたりも渋いですね。

そんなわけで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ですが、とりあえずシャロン・テート事件の概要、それからホセ・フェリシアーノの「California Dreamin’」、ローリング・ストーンズの「Out Of Time」の歌詞や背景を押さえておけばより楽しめるんじゃないかと思います。ご鑑賞の際にはぜひチェックしてみてくださいね。

―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ―― ◇ ――
当ラジオ番組では「日々の生活に音楽を」をコンセプトに、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さんによる洋楽選曲を毎日オンエア。最新1週間のリストは以下です。

9/2(月)

(11:11) September / Earth Wind & Fire
(11:26) Love Ballad / George Benson
(11:35) Straight from the Heart / George Duke
(12:09) It’s the Falling in Love / Dee Dee Bridgewater
(12:20) In the Thick of it / Brenda Russell
(12:51) 甘い予感 / 松任谷由実

9/3(火)

(11:07) Just Like Heaven / The Cure
(11:28) Gentle Tuesday / Primal Scream
(11:39) Way Out / The La’s
(12:13) You Better Be Doubtful / The Housemartins

9/4(水)

(11:06) Daniel / Elton John
(11:24) Give Me Love / George Harrison
(11:36) Loves Me Like a Rock / Paul Simon
(12:12) When The Morning Comes / Daryl Hall & John Oates
(12:23) Diamond Girl 〜僕のダイヤモンド・ガール〜 / Seals & Crofts
(12:49) 憶えているかい / ガロ

9/5(木)

(11:03) Mas, Que Nada! / Tamba Trio
(11:21) Influencia Do Jazz / Carlos Lyra
(11:36) Vou De Samba Com Voce / Doris Monteiro
(12:14) Silencio / Elis Regina
(12:51) Garota de Ipanema / Os Ipanemas

9/6(金)

(11:04) The Love I Lost / Harold Melvin & The Blue Notes
(11:27) Be Thankful for What You Got / The Intruders
(11:37) Be Truthful to Me / Billy Paul
(12:13) Where Would I Be Without You / Anthony White