お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「ヤンキー座り」をすれば、カラダの硬い部分が一瞬でわかる

ジェーン・スー 生活は踊る

「私、カラダ硬いんです」っていう自覚のある人は多いけど、実際のところ、自分のカラダのどこが硬いか、正確にわかっていますか?

そんな人のためのチェックの仕方を教えてくれるのは、パーソナルトレーナーで振付家の竹内亜矢子さん

正しく知ることで、どこを柔軟するべきなのか。自分に必要なストレッチの仕方がわかってくるんです。今日は、カラダが硬いのは間違いないんだけど、どこがどのように硬いかわからない・・・そんな「基本のキ」を実践します。

柔軟性が簡単にチェックできる!万歳しゃがみポーズ

この「万歳しゃがみポーズ」をして、3つのポイントをチェックすることで、カラダの硬い部分がわかり、対策が立てやすくなります。やり方をざっくり言うと、「万歳して」「しゃがむ」。そのままですね。これを正しいやり方でやると、カラダの硬い部分が自然と浮き出てきます。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」。カラダの硬い部分という“敵”、それを自覚する“己”の心。それが分かれば、健康なカラダという勝利への第1歩です!

チェックは自分ひとりでできる?

ひとりでもできますが、誰か別の方に見てもらうのがわかりやすいです。見てくれる方がいない場合は、全身が映る鏡でチェックするか、スマホなどで撮影するとわかりやすいです。

チェックの際の注意点はありますか?

「私はカラダが硬くないはず!」と無理に行うと転んでしまうこともあります。ただ、今回は、あくまでチェックの動き、無理にいいように動いても意味はないです。カラダの動きに無理に逆らわないことで、正しいチェックができます。念のため、まわりに、机や本棚など危ないものがない場所で行って下さい。

【チェックの手順】

①立った状態からスタートします。両足を肩幅に開き、まっすぐ立つ。
②両手を天井に向かってしっかり伸ばします。このとき、手のひらは内側に向けて、指を伸ばし、腕を耳の横の位置でキープ。
③この状態から、ゆっくりしゃがみます。腕の位置をキープしたまま、かかと を床から離さずに、お尻を床上ぐらいまで しっかり落としてください。(ヤンキー座りのような形になります)
④お尻を落としきって 少し止まったら、すぐに戻しましょう。

【チェック項目】

チェックする箇所は3つあります。
①腕が耳の横でキープできているかどうか。
②かかと が床から離れていないかどうか。
③ヒザが内側へ入らず、キープできているかどうか。

<↓これを聴きながら一緒にチェックしましょう↓>

(オリジナルサイトではすぐに音声が聴けます)






スーさんのピンチヒッター、片桐千晶さんの結果は・・・

③がNG!ヒザが内側に入ってしまっていました。







杉山アナの結果は・・・




①と②がNG!ガッチガチ!






NG項目があった人は・・・


【評価と対策】
①「腕が耳の横でキープできていない」腕が下り、背中が丸くなる状態です。
▼ベストな状態=腕がまっすぐ伸びている状態を90度として、○○度まで下がるとNGです。
▼この方は、「胸まわりの筋肉」「肩関節」が硬い、と言えます。
▼「肩回し」のようなストレッチ・運動を取り入れると良いです。

②「かかと が床から離れてしまう」足首が曲がらず、お尻を床付近まで落とせない方。
▼この方は、「足首が硬い」状態です。
▼「足首回し」のようなストレッチ・運動を取り入れると良いです。

③「ヒザが内側に入ってしまう」=内股状態になる場合。
▼この方は、「内ももが硬い」「お尻の筋肉が弱い」状態です。
▼「開脚ストレッチ」「四股を踏むポーズ」などを取り入れましょう。

OA後も「太ももを細くするには筋トレする方がいい?しない方がいい?」と竹内さんに質問攻めして教えてもらう片桐さん。

◆「もっといろんなトレーニングを教えてほしい」という方は、竹内さんがオーナーを務める『LIM PERSONAL TRAINING STUDIO』やブログをチェック!!
◆竹内さんのInstagram「ayako_lim」では簡単なストレッチや筋トレの動画をアップ中!!

◆竹内亜矢子さんへの質問を募集中。身体の作り方や鍛え方にまつわる疑問・質問をお寄せください。宛先は⦅ so@tbs.co.jp ⦆、件名に「竹内さんへの質問」と書いて送って下さい。

◆次回のご出演は【10月1日 火曜日】