お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

2019年9月15日「ミラクル・サイクル・ライフ」<小島嵩弘さんが京都の街を自転車で颯爽と!>

ミラクル・サイクル・ライフ

石井正則(七代目自転車名人)と疋田智がいろんな角度から自転車の魅力を発信する
TBSラジオ「ミラクル・サイクル・ライフ」(毎週日曜日18時30分~19時)
今週の「ポイント オブ サイクルトーク」はこちら!

先週に引き続き、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティーとしてご活躍の小島嵩弘さんが登場。
先日京都を自転車で走ったそうです。
それまでは一日乗車券を使ったバスでの移動。
初めての京都の街乗りにはたくさんの発見があったと目を輝かせて話してくれました。
ほどよいアップダウンに乗り心地の良さを感じたといいます。
そして締めくくりはたまたま見つけた銭湯で街乗りの疲れをとったのだとか。
また必死にペダルを漕ぐ小島さんの姿を見た外国人観光客に笑われたそうで、自転車を通して外国の方とコミュニケーションが取れたのもいい思い出になったそうです。
そのほか小島さんから「最近の自転車は11段変速や12段変速のものがあるけどギアの数ってそんなに必要?」という質問も飛び出しました。
「街乗りの場合は坂道用の軽いギア、中間のギア、重いギアの3つが基本。でもレースやヒルクライムに出場する場合にはたくさんのギアが必要で、6段と7段の間にもう一段あるといいのになと思うサイクリストは多い」というのが疋田さんの回答。
自転車の奥深さに小島さんも感心されていました。
詳しくは音声でお楽しみください。

小島嵩弘さんの「君のために出来ること」も聞けるradikoのタイムフリーはこちら。

ゲスト:ラジオパーソナリティー、シンガーソングライターの小島嵩弘さんhttp://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190915183000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

番組全編の音声がずっと聞ける、ラジオクラウドは↓こちらから。

番組ではメールを募集中です。
自分の身の回りで起きた自転車のニュース「マイ自転車ニュース」、
サイクリストなら誰もが感じてしまう「サイクリストあるある」、
自転車に乗っているときに、頭の中でつい流れてしまう曲「自転車脳内BGM」、
cycle-r@tbs.co.jp までお送りください!