お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • お知らせ
  • 放送ログ
  • 音声あり

「安室さん、聞いてますかぁぁぁー!」イモト、『安室奈美恵リクエスト特集』に大興奮! 

イモトアヤコのすっぴんしゃん


「すっぴんしゃん」もう一度聴きたい方は、
下の黒丸をポチッとすれば聴けますよ♪

イモトアヤコのすっぴんしゃん | 2019/09/18/水 21:30-22:00http://radiko.jp/share/?sid=TBS&t=20190918213000

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)

イモトが、安室奈美恵の引退から1年ということで、イモトたっての企画『安室奈美恵リクエスト特集』を実施。ラジオ収録日だった9月16日は、イモトをはじめ安室奈美恵ファンにとっては、安室さんが引退された「超超超〜特別な日!」(BYイモト)。番組に届いた多くのリクエスト全部に目を通したというイモトは「みなさんのリクエストメールには痺れた〜!」と刺激された様子。また、番組内では安室奈美恵への熱いメッセージも紹介され、安室ファンの溢れる思いにつられるように「(安室さんの誕生日の)9月20日になりたかったー!」「〝安室さん愛〟は一生続く!」と、終始、興奮状態のイモトでした。

<リクエスト①>
Violet Sauce ー 安室奈美恵

イモト:カッコイイでしょ〜!安室さんのライブって2006年あたりから自分のやりたいことを突き通す、MCもしない世界観を大事にするライブスタイルに変わり始めた頃だと思うんですよね。私もその時に何度か行かせてもらったんですけど、2時間半、歌って踊っての繰り返しで。ゆうてもバラードの割合が2割くらいなんで、その後の曲はほとんど踊ってますからね、信じられないですよ!1回のツアーで多い時では88公演くらいするんですよ、凄まじいよ! だから<安室奈美恵>をやるために生まれてきた人、という神様みたいな存在ですね!

<リクエスト②>
present ー 安室奈美恵

イモト:あ〜これは渋いとこ来ましたね〜。若い時の安室さんだなとわかる声でしたよね。私もこのあいだ、歌詞をもう1回思い出した時に、あ、なるほど、(もうぜんぶ あなたに逢うためのもの)だったんだなって。イッテQで1年前、安室さんと共演させてもらって、ずっと考えていたんですけど。イッテQでヘビが嫌いでヘビのリアクションをずっとしてきたわけですよ、ギャーギャー言いながらやってきたんですけど、私はあの安室さんと共演した瞬間のためにこの10年間やってきたんだなと。ほんとにこの歌詞の通り、あなたに見せるためにやってきたんだなと思った。あとあと見返したら完璧だったのよ、その時のリアクションが。それを見て安室さんが大爆笑してくれるわけよ、手を叩いて。もう嬉しいよね。

<リクエスト③>
Me love peace!! ー 安室奈美恵

イモト:イイでしょ〜!これ聴いたことない人多いと思いますよ。この曲は、台風で中止になった20周年沖縄ライブのセットリストにあった曲。南国チックなんで沖縄で外で歌ったら気持ちよかったんだろうなぁ聴きたかっただろうなぁという気持ち、すごくよくわかります。逆に幻になったことで、それはそれで1つのストーリーとしてはよかったんじゃないかなとも思うし。ドキュメンタリーで、安室さんはギリギリまでリハーサルを淡々とやっていて。でも前日に台風が来て中止しますって時の安室さんの「はい、わかりました」とスパッとした潔さ。20周年で地元の沖縄でやろうとなってセットも組んでできないってなった時、すごく冷静に淡々とその状況を受け止めて、じゃあこれからできることをやろうという切り替えするあの精神に、また一つ生き方を学んだ気がしました。

<リクエスト④>
Get Myself Back ー 安室奈美恵

イモト:安室さんの曲は全部好きだけど、この曲は思い出深いし、かなり励まされています。この前もアメリカでハイスラックラインという高さ100mくらいの崖と崖を綱渡りの細い紐で渡るロケでがあって。それがほんとに怖くて怖くて涙が出てくるような挑戦だったんですけど、その時に『Get Myself Back』の(大丈夫きっと 全てはうまくいく)という言葉に励まされました。オンエアでは流れてないけど、スラックラインに足を乗っけてブルブル震える時にこの言葉を何回も何回も言ってスタートできたという。やっぱいまだに多大なる力で支えられてるんだなっていうのを実感しましたね。安室さんに恥じない自分でいれるといいな。

TBSラジオ「イモトアヤコのすっぴんしゃん」(9月18日・水曜放送より)