お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

消費増税を賢く乗り切る方法!

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分~6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!


毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「うるおい生活講座」
今朝は、フリーアナウンサーでファイナンシャルプランナーの

橋浦多美さん

に、「消費増税を賢く乗り切る方法」を教えて頂きました!

 

いよいよ、10月1日から消費税増税。これまでも、5%、8%と上がってきたが今回10%になる消費増税が今までと違うのは、「軽減税率」が導入されるという点。酒類と外食を除く飲食料品と、定期購読の週2回以上発行される新聞は8%に据え置きというのが、軽減税率。
ややこしい点もあるが、全部が10%に上がるというわけではないので、特に日常の食べるものにかからないという点はありがたい。そういう意味でも、買いだめはやめましょう。基本的に食品は上がらないので、焦る必要はありません!

 

Q、キャッシュレス決済はどうお得?
今回の増税での一番のポイントは、「キャッシュレス決済」。現金ではなく、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、スマホ決済などの支払い方でポイント還元になる。これは永遠に続くものではなく、この10月から、来年6月までの9ヶ月間に限って行われるもの。あくまでも、増税による負担軽減の措置。どこでもポイント還元になるわけではなく、中小小売り店が対象。9月5日現在、全国でおよそ57万店舗。ご自身の範囲でいつも買っているお店がどうかを確認してみて下さい。本当に消費が冷え込みそうなのは、やはりこの措置が終わって、オリンピック後。その時に困らないように、家計の見直しを図ってみる、暮らしの方向性を考えて見るいい機会でしょう。

 

Q、賢く乗り切るには、橋浦さんがオススメしている四畳半経済?
四畳半経済は、無駄なことは省いて、家計自体をコンパクトにするというもの。消費税増税は、家計を見直すいい機会。水道光熱費なども上がります。飲み水のペットボトルは8%据え置きだけど、蛇口から出る水道は生活用水なので10%にアップ。大きなものは、例えば、家や車などはもうタイミング的に契約が間に合わないので、諦める。家電などは、日用品で高額なものは買っておくものもいいが、今回の需要の反動で販売減が予想され、セール等をやってくる可能性がある。逆に安くなるかも…。もともと、テレビやPCは秋にモデルチェンジをするので、旧モデルがお買い得になる。何れにしても焦る必要はなし。たとえ買いそびれても、20万円の2%は4000円。他で取り返せるくらいの金額です。

 

四畳半経済については、「ゴマブックス」から販売中の本、橋浦多美さんの『四畳半経済のススメ ~コンパクトな家計を実現する87のコツ~』こちらをご覧ください。

 

以上、「消費増税を賢く乗り切る方法」について教えていただきました。詳しくは、radikoのタイムフリーでお聴きください!

radikoで放送をお聴きいただけます(放送後1週間まで/首都圏エリア無料)