お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「イギリスのご飯はマズい」はあの人のせい?ハリー杉山が教えるロンドン情報

ACTION

9月25日(水)のゲストは、タレントのハリー杉山さん。9月28日にロンドンで行われるDJの世界大会に、日本チャンピオンとして出場するDJ松永さん。でも…初めてのロンドン…というか、初めての海外ということで、中高時代をイギリスで過ごした杉山さんから、様々なロンドン情報を聞いていきます。

杉山:僕は13歳から全寮制の男子校にいたんですよ。

松永:結構ハードな環境ですよね。

杉山:ほぼ唯一の東洋人ということもありましたからね。最初は自分の英語は日本のインターナショナルスクールにいたので、アメリカ英語の要素が強かったんですよね。そうなるとイギリス人は「君の英語はイギリスじゃないよね?」と言われて、必死にイギリス英語を勉強しました。あとは向こうで認めてもらうにあたって、好きなサッカーチームはどこなのか、そしてどんな音楽が好きなのかが重要です。

松永:えっ、俺大丈夫かな…?怖いよ〜!

杉山:松永さん、大丈夫です!好きな音楽を言えば。当時の僕の場合は90年代半ばだったので、「オアシスVSブラー」のブリットポップ戦争と呼ばれていたのもがあったので、「お前はどっちなんだ?」みたいになるんですね。

松永:そんなにそこに興味があるんですね。

杉山:イギリス人は子供のころから音楽を聴いていて、それにこだわりがないとクラスで敬遠されちゃうんですね。

松永:「ロンドンの人は鼻をすする音を嫌う」との情報がリスナーメールで来たのですが、これは本当ですか?

杉山:これだけではなくて、ご飯を食べるときの口ペチャクチャは「勘弁してくれ」と言われます。これは最低限のテーブルマナーです。日本では蕎麦をすする音はいいかもしれないけど、イギリスではやらないほうがいいですね。

松永:これは中学時代のロンドンで学んだんですか?

杉山:そうですね。テーブルマナーとか、人とのふれあいとか、ユーモアや冗談の通じる通じないとかあるじゃないですか。

松永:そっか、ユーモアの価値観も全然違いますもんね。

杉山:全然別ですよね。向こうで友達と挨拶するときはほっぺにキスとかするんですよ。日本だとマズいですよね。

松永:それはお縄ですもんね(笑)

松永:ほかにロンドンの人を怒らせてしまうかもしれない行動はありますか?

杉山:チップは気をつけたほうがいいですね。たとえばタクシーに乗ります。10ポンドしたとするじゃないですか。最低限1ポンドはあげたほうがいいですね。

松永:チップ文化ですね。

杉山:そうなんですよ。あげないで舌打ちされるのとか嫌じゃないですか。やっぱりね、日本のチャンピオンなんだから、ちょっとはチップをあげたほうがいいですよ(笑)

松永:それはいくらぐらいですか?割合が分からなくて…

杉山:いろんな基準はありますが、僕は10%あげていいかなと思います。

松永:飲食店とかですよね。

杉山:飲食店はもうすでにチップが込の場合があるんですよ。

松永:えぇ、分からない〜!

杉山:でも、たとえば何人か連れて行って2万円ぐらい使ったら5ポンドぐらいあげてもいいですね。でも今、ポンドめちゃくちゃ弱いからかなり買い物楽しめますよ!

松永:物価安めなんですね。

杉山:だから今のロンドンの買い物は楽しいと思いますよ。

松永:ロンドンの交通手段ってなにが使われているんですか?

杉山:向こうは地下鉄のことを「チューブ」と言うんですが、それに乗ればどこでも行けます。ただパスモ的なオイスターカードというのがあるんですが、それは持っていたほうがいいですね。地下鉄が高いんですよ。それがあれば比較的安く済みますよ。なんか、そういったガイドブック的な情報は必要だと思うんですが、2015年10月号の『POPEYE』が、「すべての人たちに向けて、皆ロンドンに行け」という特集があるのですが…

松永:えぇ!現物じゃないですか!

杉山:はい、これ読んでみてください。ここにロンドンの一番のオシャレスポットや美味しい飯屋とかすべて書いてあるので。

松永:すごい!2015年の『POPEYE』持ってきてくださってるじゃないですか…!

杉山:僕は4年前から今日のことを考えていたので。

松永:すごい!予知能力!

松永:ロンドンの食べ物ってどうなんですか?

杉山:分かってますよ、「イギリスのご飯はマズい!」という声も。私、「英国食の親善大使」でもあるんですよ。大使館から任命されているので、決してマズいとは言いません。何故、日本でイギリスのご飯がマズいと思われているのか、ただ1人のせいです。JOYのせいです!

松永:出た〜!類似タレント!(笑)

杉山:すごく仲良くて、あいつもイギリスの血が流れているじゃないですか。でもあいつはイギリスにロケ行ったときに、「めちゃくちゃマズい」って言うんですよ。それって説得力あるじゃないですか。

松永:日本人が言うより、JOYさんが言うほうが説得力ありますよね。

杉山:しかもそういう番組に限って、制作陣がイギリス人が誰も食べやしない「うなぎのゼリー」とか持ってくるんですよ(笑)

松永:もう、なんでだよ(笑)

杉山:イギリスってフィッシュ&チップスだけじゃなくて、肉料理がすごく美味しいんです。あとでマジで連絡先交換していいですか?行ってほしいお店、全部送りたいです。予約も取ってあげたいですよ。

松永:えぇ!マジですか!嬉しい。

杉山:『POPEYE』も差し上げますので。

松永:紳士〜