お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

エコノミークラス症候群を予防する「オールインワン体操」

ジェーン・スー 生活は踊る

10月1日の放送では、パーソナルトレーナーで振付家の竹内亜矢子さんが登場。

9月に猛威をふるった台風15号。竹内さんは鋸南町の知り合いの屋根の補修の手伝いにいったそう。そこで竹内さんが「私にできることは?」と考え、避難生活の中での運動不足を解消する運動をご紹介することかなと感じたそう。災害時の車中泊で怖いことのひとつ「エコノミークラス症候群」。

【エコノミークラス症候群】
食事や水分を十分に取らない状態で、車などの狭い座席に長時間座っていて足を動かさないと、血行不良が起こり血液が固まりやすくなります。その結果、血の固まり(血栓)が血管の中を流れ、肺に詰まって肺塞栓などを誘発する恐れがあります。
※2016年の熊本地震では、54人がこのエコノミークラス症候群で入院が必要に。うち1人が死亡。

予防に関して、厚生労働省のホームページには、「ときどき軽い体操やストレッチ運動をしましょう」とあります。では、どんな運動をすればいいのか。

運動不足を解消する、オールインワン体操

腰掛けた状態から、バンザイの動きをすることで、カラダのいろいろな部分の運動不足をカバーできます。つまり「オールンインワン」。しかもその場でできます。

大きな関節を意識して全身をダイナミックに動かす。バンザイでしっかり胸を張り、空気を取り込む。肩関節を働かせて、胸郭を広げると深い呼吸ができるようになります。

エコノミークラス症候群の予防はもちろん、普段の運動不足の解消にもオススメです。

今回の運動は、腰掛けた状態から起き上がってバンザイをする運動です。イスや腰掛けるものをご用意ください。座ったときにヒザが90度になるぐらいの高さのものがよいですが、ない場合は、中腰からスタートしても大丈夫です。

【運動の手順】
①椅子に腰掛けて足を肩幅くらいに広げる。手は太ももの上に乗せ、手首とヒジを曲げて緩めておく。
②足裏で踏ん張りながら腰を上げ、椅子から立ち上がる。それと同時に、両手・両腕を「バンザイのポーズ」するように上に伸ばします。腕は耳につけずに、少し横に広げましょう。また、手のひらもしっかり広げます。手を広げたときに、胸を張り、空気をたくさん吸い込みます。
③腕を下ろしながら座って、元の位置に戻ります。

〜体力に余裕のある場合は、「②」の万歳ポーズの時に踵を少し浮かせると、
ふくらはぎの筋肉をさらに刺激できます。
〜この運動を1回で10〜20回、気づいたらやるようにしましょう。

◆「もっといろんなトレーニングを教えてほしい」という方は、竹内さんがオーナーを務める『LIM PERSONAL TRAINING STUDIO』やブログをチェック!!
◆竹内さんのInstagram「ayako_lim」では簡単なストレッチや筋トレの動画をアップ中!!

◆竹内亜矢子さんへの質問を募集中。身体の作り方や鍛え方にまつわる疑問・質問をお寄せください。宛先は⦅ so@tbs.co.jp ⦆、件名に「竹内さんへの質問」と書いて送って下さい。

◆次回のご出演は【11月5日 火曜日】