お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ

<だいすけおにいさんの放送日記>「『どんな色が好き』は子どもたちが作ってくれた」放送開始60年の『おかあさんといっしょ』を坂田おさむさん&横山だいすけの選曲で振り返る」(TBSラジオ『横山だいすけ はじめのいっぽ』毎週日曜日夕方5時30分から放送中)

横山だいすけ はじめのいっぽ

放送開始60年の『おかあさんといっしょ』を振り返る!

TBSラジオで、毎週日曜日午後5時30分から放送中の『横山だいすけ はじめのいっぽ』

10月6日(日)の放送では、放送開始から60年をむかえる『おかあさんといっしょ』を

7代目うたのおにいさんの”坂田おさむさん”と11代目うたのおにいさんの”横山だいすけさん”の選曲で、

(ごく一部ですが・・・)振り返りました!

坂田おさむさんは、北海道・旭川市出身。1977年「bye-bye東京」でシンガーソングライターとしてデビュー。1985年、『おかあさんといっしょ』7代目うたのおにいさんに就任し、1993年まで8年間務めると同時に数多くの作品を提供されました。『どんな色がすき』『虹のむこうに』『あしたははれる』『ありがとうの花』などなど、今でも歌い継がれている歌、音楽の教科書に載った歌、本当に数々の名曲を手がけていらっしゃいます。

その時代時代のうたのお兄さん・お姉さんによって歌い継がれていく『おかあさんといっしょ』の楽曲。

歴代1位・2位の期間、うたのお兄さんを務めたふたりが選んだ曲は? そして、選んだ理由は?

今週の選曲リスト

  1. 『ブーツをはいたぞうさん』横山だいすけ
  2. 『どんな色がすき』坂田おさむ・神崎ゆう子
  3. 『あらどこだ』中川順子
  4. 『てをたたこ』速水けんたろう・茂森あゆみ
  5. 『ぞうさん』真理ヨシコ