お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【Podcast】本日6月7日(火)特集「朝日新聞・司法記者が法廷に見た、社会の縮図とは?~伊木緑さん×塩入彩さん×三橋麻子さん」(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

6月7日(火) Main Session 

息子の胸を刃物で刺した父。
ストーカーの果てに火を放った男。
司法記者が法廷に見た、社会の縮図とは?

朝日新聞の社会部・裁判担当、塩入彩さん

朝日新聞の社会部・裁判担当、塩入彩さん

朝日新聞の元社会部・裁判担当の伊木緑さん

朝日新聞の元社会部・裁判担当の伊木緑さん

朝日新聞社会部次長・司法クラブキャップの三橋麻子さん

朝日新聞社会部次長・司法クラブキャップの三橋麻子さん

 

【スタジオゲスト】
・朝日新聞・記者の伊木緑さん
※プロフィール。朝日新聞スポーツ部記者。1983年生まれ。2006年、朝日新聞社入社。新潟総局、青梅駐在などを経て東京社会部へ。司法クラブで刑事裁判を担当していた13年に朝日新聞デジタルで連載「きょうも傍聴席にいます。」を始めた。司法クラブではその後、東京地検特捜部や証券取引等監視委員会を担当し、主に経済事件を取材。15年10月からスポーツ部に所属している。

・朝日新聞・記者の塩入彩さん
※プロフィール。朝日新聞社会部記者。1985年生まれ。2009年朝日新聞社入社。熊本総局、岐阜総局勤務などを経て、15年5月から東京社会部の裁判担当に。現在は主に東京地高裁の刑事事件などを担当している。傍聴席は最多本数を執筆。

・朝日新聞・司法クラブキャップの三橋麻子さん
※プロフィール。朝日新聞社会部次長・司法クラブキャップ。1972年、東京都生まれ。慶応義塾大卒業。1995年、朝日新聞社入社。社会部で大阪府警捜査一課、東京地検特捜部、宮内庁、調査報道などを担当し、池田小児童殺傷事件、ライブドア事件などを取材。2010年から2013年まで『AERA』で大阪地検特捜部の証拠改ざん事件等を取材。

————————-

重大な事件の裁判に市民が参加する裁判員裁判がスタートして
8年目となる今年、
取り調べの録音や録画の一部義務付けや、司法取引の導入などが盛り込まれた、
改正刑事訴訟法が成立するなど、裁判の在り方が改めて問われています。

そんな中、朝日新聞の若手・中堅記者たちが、
様々な事件の裁判傍聴記「きょうも傍聴席にいます。 」
というインターネット限定の連載記事を一冊の本にまとめました。

裁判を担当する司法記者は、日々、長時間を渡って裁判を傍聴し、
取材を続けていますが、新聞の記事として紙面に出るのは、
そのごく一部でしかありません。

そこで今夜は、
法廷で語られる被告人の言葉や生い立ち・・・。
なぜ、人を殺してしまったのか、なぜ、自らを止めることができなかったか、
裁判の傍聴を通じて、見えてきたものを現役の新聞記者たちに
取材報告して頂きました。