お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


舛添東京都知事の集中審議について

生島ヒロシのおはよう定食|一直線

“聴くスポーツ新聞”TBSラジオで放送中の「生島ヒロシのおはよう一直線」(毎週月~金 朝5時30分〜6時30分)ニュース、スポーツ、そして健康、シニアライフ、介護などをキーワードにをコンセプトに生島ヒロシがわかりやすく、元気に様々な情報をお伝えしています!

________________________________________

毎週月~金曜日の5時45分頃からは、日替わりでお送りする「情報アラカルト うるおい生活講座」

最新ニュース徹底解説!

本日はスタジオにもいらっしゃっていただきました、経済アナリストの森永卓郎さんにお話を伺いました。

問題は趣味を政治活動に生かしたかどうかでなく、政治資金を使うのがいいかどうかで、報告書の見解には批判も出そう。
舛添氏の団体は10年以降、掛け軸など書41件、絵画106件の購入に政治資金を使っている。
そば打ちやピザ窯作りなどの本を購入した点も「支援者にピザを振る舞い、政治家仲間とそばを打ちながら政治談義をしており、不適切とまでは言えない」などと理解を示す。
来月の参院選も見据えて、
与野党とも「舛添降ろし」で一致しつつあるが、実は都議会与党の一部幹部がいまだに、「当面続投」という方針を崩していないという。
理由は3つ
(1)いま舛添氏が辞職すれば、2020年東京五輪直前にも知事選になる
(2)後継候補を探す時間が必要
(3)舛添氏を来年夏の都議選直前に引きずり降ろせば、都議会与党は評価される-の3点。