お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

「老朽原発の運転延長」「地震想定での過小評価」…原発ニュースを崎山記者が徹底解説!▼6月20日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session 

「崎山記者の原発ニューススペシャル」

【スタジオゲスト】
TBSラジオ・原発担当の崎山敏也記者

ss20160620main2

崎山記者が今後の原発政策に根幹に関わってくる
ニュースを3つ取り上げて解説しました。
①高浜原発3号機、4号機の運転差し止めの仮処分をめぐる裁判の動き
②「地震の揺れの想定が過小評価されているのではないか」という島崎邦彦氏の指摘。
③原子力規制委員会が認めた「高浜原発1号機、2号機の40年を超える運転延長」