お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「イギリスのEU離脱問題。EUの研究者が現地で見たものとは?」遠藤乾×國分功一郎▼6月27日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session 

イギリスの「EU離脱問題」。EUの研究者が現地で見たものとは?

【スタジオゲスト】

今月16日からイギリスで取材を続けていた
EU政治が専門、北海道大学公共政策大学院教授
遠藤乾 さん

遠藤乾

この春までイギリスに留学していた
高崎経済大学准教授で哲学者の國分功一郎さん

SS20160627-3

イギリスの国民投票で、EUからの離脱派が勝利してから3日。
イギリス国内やEU内では様々な影響が続いています。
労働党のジェレミー・コービン党首の辞任要求、
350万人以上が国民投票のやり直しを求める署名、
スコットランドでのイギリスからの独立の是非を問う住民投票の機運の高まり、
イギリスに対する、速やかな離脱手続き要求……
イギリス・EU共に、先の見えない手探りの状態が続くなか、
現地を訪れた専門家の取材をもとに、イギリスの「EU離脱問題」を読み解き、
今後、どうなっていくのかを考えました。

統合の終焉――EUの実像と論理民主主義を直感するために (犀の教室)