お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


渡辺裕太さん、カラス声…?!【竹青】

ラジオシアター~文学の扉

毎週日曜、夜9時からお送りしている
【ラジオシアター~文学の扉】

 

先週に引き続きゲストに渡辺裕太さんをお迎えして、
太宰治の『竹青(ちくせい)』をお届けしました。

20160717bunngaku

 

魚容の、なんと愛らしいこと…!
渡辺さんご自身の愛らしさが滲み出る、ぴったりな役どころでしたね。

 

今回は、“人間”と“カラス”の間を行き来するようなお話。
声からもイメージできるようにと、
渡辺さんと朋子さんは共通して意識をされていたのですが、いかがでしたでしょうか。

私はお二人のカラス声(!)を聞いた瞬間、
「本当にカラスが喋っているみたいだ…!」と感動しました。
頭で思い描いたイメージは、音からだけでも伝わるんだなぁ。
伝えようというエネルギーや、音って、とても面白くて興味深いです。

 

 

『竹青』は不気味なモヤモヤ感が残る不思議なお話でしたが、
“物の見方や自分の考え方次第で、全てが変わる”ということが根底に描かれています。
見る角度を変えると、そのものの印象や見た目まで変わって見える人間の不思議さ…
深い!

20160710bunngaku

 

(by 永瀬千裕)

 

ピックアップ