お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


明日へのエール「金のことば」7月2日(土)は、豊田佐吉の言葉

明日へのエール~ことばにのせて~

TBSラジオで放送中の「明日へのエール~ことばにのせて~」(毎週土曜 夜9時〜6時)何気なく耳にした、あるいは目にした「ことば」によって、勇気づけられたり救われたり…。 時として「ことば」は私たちに大きな力を与えてくれます。偉人の格言、映画のセリフ、言葉をテーマにしたショートストーリーなど、“ことば”をテーマにお送りしている番組です。これらの「ことば」が、皆さんにとってエールになれば…。そんな想いを込めた番組です


いくら歳月を経ても色あせない言葉があります。そんな、時空を超えて私たちの心に届く偉人たちの言葉をご紹介する「金のことば」

豊田佐吉

 

7月2日(土)は、世界初の自動織機を発明した豊田佐吉の言葉を紹介しました。少年時代“むっつり佐吉”と呼ばれるほど内向的な性格だった佐吉に転機が訪れたのは、1885年、18歳の時です。この年、発明を保護するための専売特許条例が施行され、佐吉も何かを発明したいと夢を抱くようになります。1890年、23歳の時に、豊田式木製人力織機を開発。翌年には、初めての特許も取得します。その後も佐吉は、努力と熱意で研究を重ね、蒸気機関や石油発動機による動力織機の開発にも成功。
大手商社から技師長として迎えられますが、開発研究より商売を優先する経営側と対立。数々の特許権を残したまま会社を追われてしまいますが…

 

放送の内容はYouTubeでお聞きいただけます