お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


今年こそ広島カープは…

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
2016年7月23日(土)の放送は、「祝・広島首位で折り返し! あなたの私の束の間トップだった話」というテーマでお送りしました。

うかれる2人

広島が20年ぶりにレギュラーシーズンの前半戦をトップで折り返したことからすっかり浮かれ気味のスタジオの2人ですが…。そんな2人の気を落ち着かせるために(?)、20年前の悪夢を振り払うために(?)、今回のテーマを設定した次第です。

高笑いをこらえきれず?

銭湯で一番風呂に入ろうと早々と並んでいたら財布を忘れたことに気付いて…とサザエさんみたいな方や、小学生や中学生のごく限られた一時期だけ図抜けた才能を発揮していた方とか、様々なメッセージをありがとうございました。

放送中も身に着けたまま

メッセージテーマに関連して、今週は鉄人・衣笠祥雄さんと電話をつないで、「今年の広島カープはホントに大丈夫なのか?」と伺いました。衣笠さん曰く「新井は広島に戻って一皮も二皮もむけた」と賛辞を送りつつ、「広島カープは普通の野球をしているだけで、他の5球団がお互いにつぶしあっている」「広島が黄金期を迎えるにはまだまだステップアップが必要」とのことでした。さてさて、どうなることやら…

スタジオ風景

ヒコイチ ~ 林家彦いち師匠の一言

林家彦いち師匠

「つかの間のトップ」でございました。徒競走の第2コーナーまでトップだった話から人生のトップの時期の物語まで幅広い「つかの間のトップ」のメッセージありがとうございます。つかの間というのがよいですねぇ。

そうそう、私の最高峰落語は破られることはしばらくはないかと思います。最高峰と言っても、最高標高です。5520mで落語やりました。噺は最も酸素を必要とするであろう「反対俥」です。一人でヒマラヤの山々へ向かって奉納落語というわけではなく、きちんと日本人数十人の前でやったのですが、やる方も聴く方も呼吸が浅いという不思議な空間でした。

台風の話、癖になりそうです。

あっ、小噺で「勝どき橋があがった」は背泳ぎでございます。あははっつ。バタフライだと、きっと川底の何かを動かしたかと。。

また来週お会いしましょう。ありがとうございました。

彦いち

小噺演目「スナック束の間」

2016年7月23日(土)放送:彦いち噺「スナック束の間」を聴く