お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「アメリカ大統領選 民主・クリントン氏VS共和・トランプ氏、行方は?」荻上チキ×会田弘継×前嶋和弘×冷泉彰彦▼7月28日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

7月28日(木)Main Session 

共和党のトランプ氏に続き、
民主党のクリントン氏も正式指名。
アメリカ大統領選挙、最新情勢をチェック

20160728_1

20160728_2

20160728_3

【スタジオゲスト】

共和党大会も取材した元共同通信記者で、青山学院大学教授の会田弘継さん

民主党について詳しい、上智大学教授の前嶋和弘さん

【TELゲスト】

現地の報道などについて、アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さん

————————–

いよいよアメリカの大統領選挙が佳境に入りました。

共和党の大統領候補にドナルド・トランプ氏、
民主党の大統領候補にヒラリー・クリントン氏がそれぞれ正式指名され、
11月8日の本選に向けて、対立の構図が固まりました。

トランプ氏とクリントン氏の支持率は、
一時、クリントン氏が上回っていましたが、
直近の調査である、政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」では、
トランプ氏が44・3%、クリントン氏が44・1%とほぼ拮抗しています。

政治経験もなく、当初は泡沫候補とさえ言われながら、
アメリカ第一主義を掲げて、メキシコ国境に壁を建設することなど
過激な政策を打ち出し、アメリカ社会の現状に対する怒りや不満を追い風に
指名を勝ち取ったトランプ氏。

一方、クリントン氏は、豊富な政治経験をもとに、国際協調主義を掲げ、
女性初のアメリカ大統領を目指します。

今夜は、二大政党の候補者が正式に指名された今、
アメリカ大統領選の本選に向けて、最新情勢をチェックしました。