お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【専門家のレシピ】夏にピッタリ!爽やかフレーバーウォーターの作り方【音声あり】

ジェーン・スー 生活は踊る

アメリカの西海岸などから火が付き、話題になっている「フレーバーウォーター」。
果物、野菜、ハーブ、スパイスなどを水に漬け込んだもので
ジュースみたいに濃い味ではないので、梅雨も明けたこの時期にもピッタリの飲み物。
その作り方について、『フレーバーウォーター』の著書がある、
お菓子研究家の福田里香さんに伺いました。

20160729-1

*キュウリとハーブのフレーバーウォーター*

材料
キュウリ(1本)、ミント(5本)、大葉(6枚)、バジル(3本)
輪切りレモン(1枚)、塩(ひとつまみ)
作り方
キュウリはスライサーで縦に長くスライス。
ハーブは手で軽くパン!と叩き香りを出す。
全部を容器に入れ、水を2リットルそそぐ。
冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
氷を入れてすぐ飲んでもいい。
ハーブはどれか1種類でもいいし、キュウリとレモンだけでもOK。

*桃とプラムのフレーバーウォーター*

材料
桃(1個)、プラム(1個)、輪切りレモン(1枚)
紅茶パック(1袋)、シナモン棒(1本)、バニラビーンズ棒(5mm)
作り方
桃は皮をむき、プラムは皮ごとくし切りにする。
材料を全部容器に入れ、水を2リットルそそぐ。
冷蔵庫で2時間ほど冷やす。
紅茶が浸出したら、氷を入れてすぐ飲んでもいい。
桃かプラムとレモンだけでもおいしい。

*すいかとミントの飲み切りフレーバーウォーター*

作り方
薄くスライスしたすいかをパン!と軽く手で叩いて
香りを出したミント、レモンの輪切り1/4枚をジャムびんに入れる。
水をそそいでフタをして冷蔵庫で冷やす。容器はグラスにラップをしてもいい。

image1
レシピもあくまで参考ですので、材料を減らしても全然OKです。
最初は簡単なレシピから初めて、自分で色々と試行錯誤しながら、
オリジナルレシピを編み出すのも、フレーバーウォーターの楽しみの一つ。

※フレーバーウォーターの気になる味などはこちらでチェック↓