お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


ワンストップ支援センター

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

ワンストップ支援センター

今日は、「ワンストップ支援センター」についてお伝えします。

ちょっと聞き慣れない言葉ですが、「ワンストップ支援センター」は、
「レイプやちかん、セクハラやのぞきなど、性暴力の被害者の相談を受けて、
医療機関やカウンセリング、弁護士や捜査機関など、
必要とされる支援と被害者とを結びつける施設」のことです。

今回は、東京のワンストップ支援センター、
レイプクライシスセンター「つぼみ」を取材しました。
その様子をちょっとお聞き下さい。

『プルルル。はい、クライシスセンターつぼみです。お電話有り難うございます。
お名前とか聞かせて頂ければと思うんですが、ニックネームでかまいません。
なんとお呼びしたら良いですか?』
                                 
レイプクライシスセンター「つぼみ」は、代表の望月晶子(もちづき・あきこ)弁護士が
中心となって、一昨年の2月に開設しました。
平日の午後、心理カウンセラーや社会福祉士による電話相談を行っています。
援助金や寄付も受けていますが、基本的には、望月弁護士が私費で運営しています。
日本の性犯罪被害者に対する支援は、海外に比べて遅れていると言われています。

「つぼみ」で電話相談に当たっている心理カウンセラーの方にお話を伺いました。

心理カウンセラー
『 レイプ=性暴力といっても、いろんな場面で、いろんな状況で
 被害に遭われている方が沢山いることにまずは驚きましたね。
 まあ、もちろん、女性もそうなんですけれども、
 男性の方からも何件か電話相談を受けています。
 この、レイプクライシスセンターつぼみ自体が、平日の午後2時から
 5時の3時間の間にもかかわらず、それでもお電話下さる方がいるので、
 それ以外の時間でも、「誰に相談しようかな」とか、悩まれている
 被害者の方が沢山いるんだろうなということが想像できました。』

「つぼみ」の電話相談には、この2年で、700件近い相談が寄せられています。
被害に遭って動揺している時に、いきなり警察に電話するというのは、
なかなか勇気のいることですから、こういうセンターが身近にあったら心強いですよね。
しかし、「私は被害者です!」と堂々と言える人は少ないと思いますから、
もっと沢山の方が、悩んでいると思います。

そうした中、被害に遭った事実を堂々と実名で告白した女性がいます。
今から14年前に帰宅途中にレイプ被害に遭い、朝日新聞出版から
「性犯罪被害にあうということ」「性犯罪被害とたたかうということ」という
2冊の本を出版した小林美佳(こばやし・みか)さんは、
被害に遭った時の状況とワンストップ支援センターの必要性について、
次のように話しています。

小林美佳さん
『 私が実際、被害に遭った直後というのは、本当にもう、頭の中が
 真っ白というか、「今、一体、自分に何が起きたのか?」というのさえも
 分からない状態だったんですね。「誰か助けて」みたいな状態だったんですね。
 だから、たとえば、前々から、「こういう被害に遭った時に
 駆け込める場所として、こういうところがあります」という情報を持っていたら
 もしかしたら、思い浮かんだかもしれない。
 そこで、電話をかけられたか、駆け込めたかどうかは分からない。
 そこまで冷静だったとは思えないので、できたかどうかは分からないんですが、
 とにかく、自分ではなにも出来なかったのが、その時の私だったんです。』

小林さんは現在、講演活動などを行う傍ら、被害者の相談を受けています。
その数、実に7000人以上ということですから、
悩んでいる人はまだまだ数多くいると思われます。

そういった意味でも、このワンストップ支援センターが、もっともっと広まって、
警察署や消防署と同じくらい身近な存在になる必要があると思います。

内閣府は一昨年、各都道府県に1カ所の「ワンストップ支援センター」開設を目指して、
「手引」を作りました。
しかし、国からの補助金などはないため、現在、東京や愛知など、
全国でわずか6都府県に留まっているのが現状です。

「つぼみ」代表・望月晶子(もちづき・あきこ)弁護士はこう話しています。

望月晶子さん
『 諸外国を見れば、アメリカでは、もう、全体で1000以上の
 レイプクライシスセンターがありますし、学校教育の中でそういうことが
 知らされていて、インターネットでも、ジップコード、日本の郵便番号を
 入力すれば、「今、あなたがいる近くのセンターはどこですよ」という
 システムが出来ています。
 その現状をきちんと認識して、日本にもどんどん
 センターを作って欲しいと思います。』

「つぼみ」の電話相談は、普段は、平日のみの受け付けですが、
月に一度だけ、土曜日にも電話相談を行っています。
実は今日がその日に当たっていまして、今日午後2時から5時まで、
電話相談を受け付けるということです。

「つぼみ」の電話番号は、東京03-5577-4042です。
また、小林美佳さんのホームページは、
平仮名で「みかつき」と検索して頂ければと思います。

ワンストップ支援センター。
これはつくづく、個人のレベルではなく
、国の制度として作らなくてはいけないと思いました。

担当:長田新

<関連情報・お問い合わせ先>
・レイプクライシスセンターつぼみ(代表・望月晶子弁護士)
03-5577-4042
・小林美佳さんのHP:みかつき
http://www.apple-eye.com/micatsuki/about/