お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


  • 放送ログ
  • 音声あり

【音声配信】「天皇陛下の“お気持ち”表明について考える」河西秀哉×崎山敏也▼8月8日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時~)

荻上チキ・Session-22

2500_1100_SS22

TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』(平日22時~生放送)
新世代の評論家・荻上チキがお送りする発信型ニュース番組。

Main Session

「天皇陛下が“お気持ち”を表明。ビデオメッセージを読み解く」

【スタジオゲスト】
■TBSラジオ・崎山敏也記者
SS20160808main-2

■神戸女学院大学・准教授の河西秀哉さん
SS20160808main-1

▼天皇陛下はきょう午後3時、ビデオメッセージで10分余りにわたって「象徴としてのお務めについてのお言葉」を表明し、「生前退位」という言葉は使わなかったものの、その意向が強くにじみ出た内容となりました。

▼ビデオメッセージで天皇陛下が思いを伝えるのは、2011年3月の東日本大震災以来、2回目です。

▼これを受け、安倍総理は、「私としては天皇陛下が国民に向けて発言されたということを、重く受け止めております」としたうえで、
「どのようなことができるのかしっかりと考えていかなければいけない」と述べました。

▼今夜は、天皇陛下のビデオメッセージを専門家とともに読み解きました。

明仁天皇と戦後日本 (歴史新書y)戦後史のなかの象徴天皇制