お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【音声配信】「ポケモンGOのその先へ~これからの『遊び』を考える」part7(外伝2)(「文化系トークラジオLife」2016年8月28日放送分)

文化系トークラジオ Life ニュース版
スタジオ風景(撮影:ササキミチヨ)

スタジオ風景(撮影:ササキミチヨ)

○身体性を獲得
・VRを利用した遊びはいかに脳をだますのか、という方向に進化する(メール)
 →VRの進化を歓迎する人、身体性を獲得しようとする人の二手に分かれる(メール)
・お勧めの遊びはトレイルランニング(メール)
 →身体性を獲得しようとする人のロジックを感じてほしい(メール)
 →今年のゼミのテーマは体感消費(charlie)
 →体で感じることで情報化できない部分に何かを得ることに関心(charlie)

○身体的な没入体験
・棒を回す(塚越)
 →自分の思考と体がリンクしているとき、していないときの変化(塚越)
 →その先にある舞踏(塚越)
 →いかに情報にとらわれているのか(塚越)
 →はまると舞踏に延々没入して暗黒面へ(塚越)
 →答えの出ない問いで狂気へ(塚越)
 →言語化によって自分のバランスを保つことが重要(塚越)
・ワークショップで身体的に没入したけど発表となると全然(西森)
 →「入れなかったのが悔しい」も解放(塚越)
・情報化できない身体活動を情報化するアプローチとして活動量計(宮崎)

○動く体・動かない体が動かす思考
・障害を持つ子たちの体と心を一致させる方法を演劇からもってくる(charlie)
 →演劇をある時期にやっていた人間はそういう活動を通っている(charlie)
 →身体を一定の動きに固定する(charlie)
 →教育に取り入れる流れ(charlie)
・体を矯正することで思想を統制できるという考え(会田)
 →動く体、動かない体でこそ発想できること(会田)
 →思考の外に動かなかった記憶は追いやられていく(会田)
 →新しいスポーツへの挑戦(会田)
・先生の喜びのためにやるのは違う(会田)
・友達がハマって嬉しい感覚(charlie)
 →言語化できないがゆえに仲間が嬉しい(charlie)
・遊びは設計されたものになって方向付けが楽に(塚越)
 →洗脳体験と自己啓発メソッド(塚越)
 →破れた隙間から生まれる遊びと許されない隙間(charlie)
 →自分での身体性の発見とルール化(charlie)
・体感とは記憶には残るけど再現不可能なもの(charlie)
 →新しい何かになって登場している(charlie)
 →どういうスタンスでやるのかさえはっきりしていればいくらでも遊べる(charlie)

○まだまだ遊べる新提案
・浮いているラー油を集める(海猫沢)
・敢えて、とつければなんでもいいのかも(会田)
 →ゴルフしなそうな人がゴルフを始めたときの「成長した感」(西森)
 →大人の遊びと言えば芸者遊び(charlie)
・スポットメッセージという死んだ人の動画が位置情報で見られるアプリ(塚越)
 →リスナーに向けて配信しては(塚越)
・プログラムは没入できる(柳井)
 →6晩徹夜の経験あり(charlie)
 →今まで没入したことないものに没入したい(charlie)
 →スカッシュの進化版(charlie)
・10時間弁論大会(塚越)
 →二か月に一回やっているようなもの(charlie)
 →知らない言葉が出て来る恍惚(塚越)
 →哲学MCバトル(charlie)

○お願い
・ポッドキャスト配信でなくなった結果、放送日が伝わりにくくなった(charlie)
 →次回放送は10月23日(日)25時〜なのでお忘れなく(charlie)

              text by Life助手:千葉彩佳

○Life関連アーカイブ

2014/10/26「フィジカルの逆襲」
http://www.tbsradio.jp/life/20141026/index.html

2011/05/22「信じる論理、信じさせる倫理」
http://www.tbsradio.jp/life/20110522/index.html

参考資料↓
トータル・リコール [Blu-ray]マトリックス 特別版 [DVD]あなたは、なぜ、つながれないのか: ラポールと身体知マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変えることばが劈(ひら)かれるとき (ちくま文庫)フロー体験入門―楽しみと創造の心理学新装版 洗脳体験 (宝島SUGOI文庫)