お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【予告】「原発作業員。労災認定までの高い壁」 9月4日(日)朝5時5分から放送。ゲストは東京新聞記者 片山夏子さん

今を知り、今を生きる情報マガジン「渋谷和宏・ヒント」
(TBSラジオ、毎週日曜 05:05~05:30 放送)
番組編集長の渋谷和宏が話題のニュースや人物に注目。暮らしに関する問題を考えるヒントをお送りします。


【ヒント125】9月4日の放送は

「原発作業員、労災認定までの高い壁」

先月、東京電力・福島第一原発の事故収束作業で、被ばくし、白血病になったとして、50代の男性が労災認定を受けました。収束作業での、被ばくに伴う労災認定は2015年10月に続き、2例目。いずれも白血病です。労災認定されるまで、大変な時間がかかるそうです。今後も同様の申請が増えることも予想されています。

次回は、震災以来、原発作業員の取材を続けている、東京新聞社会部の片山夏子さんを招き、考えます。

東京新聞 片山夏子記者

東京新聞 片山夏子記者

原発作業員の、被曝による労災の認定基準とは?
累積100ミリシーベルト以上が、174人・・
認定されないと、どんな環境に追い込まれるのか