お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


【合コンは浮気か?SP】合コンが浮気だと思う人は「プールで溺れたFカップのグラビアアイドルを助け上げた人を押しのけて我先にとブチューと人工呼吸をする」事を浮気だと思うのかしら?

宮川賢のデートの時間でそ?!

宮川賢のデートの時間でそ?!

【簡易恋愛プログラム 宮川賢のデートの時間でそ?!】はTBSラジオ(AM954+FM90.5)で毎週土曜日19:00-21:00の2時間でグニャグニャ生放送しております!

【月間テーマ】合コンが浮気なのか?

9月の「デートの時間でそ?!」のラブリー・スコープ(19:32~)は『合コンは浮気なのか?』を通しテーマとしてお送りしています。沢山のアンケートを行っている結果、合コンが浮気だと思う人は沢山いらっしゃいます。それも理解できますよね。なぜなら、やはり「合コンはパートナーを探す事を目的にしている人が主に参加するもの」だからです。つまり彼氏や彼女がいるならば、参加すべきではない。納得いく話です。

ですが、参加する側の論理もありましょう。彼氏がいるから行きたくないけど、だけど「ごめん、頭数がどうしても足らないから来てくれない?」と親友に頼まれたら、しかも、その親友が「一秒でも早く結婚したい!彼氏を作りたい!」人であることをよく知っているとしたら「あたし、彼氏いるからいかなーい」とは言いづらいですものね。状況は人それぞれであり、その時々。

特に合コンからハッキリとした浮気に繋がった事がある被害者は、忌み嫌って然るべきです。なので、合コンを浮気だと考える人が多いのも理解納得できます。では、合コンを浮気だと考える人は、どこからが浮気でどこまでが浮気ではない!と考えているのでしょうか?そのラインを判別すべく、いくつかのアンケートを実施しました。街ゆく人でスタッフのインタビューに応えてくれた方々に感謝します。
deso_gokon

第二週【合コンが浮気だと思う人の「浮気の範囲」】

細かい質問内容とその集計結果の発表です。あくまで多数決で決してますので、偏向している可能性もありますが。スタッフノブの活躍により、以下のような結果になりました。

  • 「溺れていた飼い犬のミニチュアダックスを助けてくれた相手にお礼がてら後日改めて食事をご馳走しました。」→○浮気じゃない
  • 「プールで溺れたFカップのグラビアアイドルを助け上げた人を押しのけて我先にとブチューと人工呼吸をしました。」→○浮気じゃない
  • 「無実の罪で服役中の元カレもしくは元カノに泣いて懇願されたので、自分のヌード画像を差し入れにプレゼントしました。」→×浮気
  • 「映画俳優の恋人がラブシーンの練習と称して共演者と二人で会っている。」→×浮気
  • 「悪酔いしてリバースしている異性の友達の背中を優しくさすり続けました。」
    ○浮気じゃない
  • 「雪山遭難して出会った異性の登山家と暖を取る為に山小屋で裸で抱き合って夜を過ごしました。」→○浮気じゃない

(宮川談)この結果もどうかなぁと思う部分はありますよね。勿論、番組でしていることの全てが「放って置いてちょ!」であり、断罪的に決める事がナンセンスでしかない。なのに決める、なのに判じる、なのにルールを整備しようとする。そんな番組ですからして。映画俳優の恋人がラブシーンの練習と称して共演者と二人で会っている、これ満場一致で浮気と判定されたらしいのですが、「練習と称して」というフレーズが「実際は練習ではないのに」を思わせる誘導尋問です。これに騙されてはいけませんよね。

いいですか、俳優は生活が安定しません。売れても売れても次の仕事をとりにいかないとならず、いつまで稼げるのかもまるで読めない職業(というより一時的立場)です。ということは、共演者も然り。同じ不安定な立場の者同士が「この映画を絶対成功させたいから、ラブシーンを素敵なものにしたいから、申し訳ないが、彼氏がいるのを解っているが、ラブシーンの練習につきあってくれないか。この映画を当てなきゃ、俺、やってけないんだっ!」という投げかけに「わかったわ。私もそう思っていた所なの。彼はキスシーンなんかふざけんな!って言うけど、仕事として成立させなきゃ生活が立ち行かなくなるわ。ぜひ、鏡のあるカラオケボックスでも行って、二人でキスシーンを鏡に映しながら勉強練習してみましょうよ。絶対に素敵なラブシーンにして、この作品で成功を収めましょう!」と応えたのかもしれない。その証拠に二人は十字軍の兵士が用いていたとされる貞操帯と同じ型のものを二人で輸入購入して尚且つ二人して装着して会っている。変な気持ちにならないように、自分たちで与しきれない性欲が頭を擡げた時に過ちを犯さぬように。だとしても、それでも浮気と言えるのだろうか?

悪酔いしてリバースしている異性の友達の背中を優しくさすり続けました。これが浮気じゃないとされています。しかし、考えてみて下さい。さすり続けるということは、最終的にはさすっている男とさすられている女子だけになってしまう可能性があるということです。なぜなら「さすり続ける」からです。飲み会仲間が「さすっているのを見続ける」事をしない限りは必ず二人きりになります。二人きりになる前に、さすっている最中にブラヒモの感覚を手のひらで感じます。さすっているのだから何度も何度も感じます。そのうち、さすっているのに、それをスポンと外してしまうかもしれません。「へへへ。その方が気分がよくなるでしょ」そんな魔術のような「背中さすり」を体得した男子がいたら、もはや女性はその後どこへでても連れて行かれてしまう事でしょう。「休んでこっか」「そうね」、昭和の口説き文句でも楽勝な勢いです。

こうして考えると、やはり考えるのは無意味です。でも、だからこそ、番組で無理矢理取り上げてみるのであります。論じた結果、何に結びつくワケでもない。しかし、論じる事に意義がある。かつてのTBSラジオ名番組「アクセス」を模して「ラブリー・アクセス」のような番組になろうとよく言っています(嘘)。ちなみに「理屈とアイデアで切り抜けろ。非現場にアタック!もしくは現場にレシーブ!だ」とも言ってますけど。

関係ないけど、「プールで溺れたFカップのグラビアアイドルを助け上げた人を押しのけて我先にとブチューと人工呼吸をしました。」は浮気じゃないかなぁ。浮気じゃないに判定されてるけど。だって、助け上げた人がすればいいじゃんか?我先にってのが意味わかんないよねぇ。あ、浮気じゃなくて、痴漢?か。な。まいっか。

ピックアップ