お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


金曜日恒例サラリーマンの声 宙ぶらりん状態の豊洲移転。お仕事に影響は?

森本毅郎 スタンバイ!

 

ロゴ(小)

築地市場の豊洲移転。土壌汚染から盛り土問題にまで広がり大変なことになっています。豊洲への移転はとりあえず延期になりましたが、こうなってくると本当に豊洲に移転するのかどうかさえも危うく、宙ぶらりんの状態です。そこで・・・。

「森本毅郎・スタンバイ!」(TBSラジオ、月~金、6:30-8:30)7時35分からは素朴な疑問、気になる現場にせまるコーナー「現場にアタック」!!本日9月9日(金)はレポーター近堂かおりが『宙ぶらりん状態の豊洲移転とあなたのお仕事への影響』をテーマに街でお話を伺いました!

現場にアタック(近堂かおり)

現場にアタックレポーターの近堂かおり

金曜日恒例のサラリーマンの声。「宙ぶらりん状態の豊洲移転。あなたのお仕事に影響ありますか?」

★電子商社のお父さん

我々がやっている仕事に対して間接的だけど影響は出てくるでしょうね。電子商社で、半導体とか通信系のところをやっている。Wi-Fiとか、無線ランの基地とか、間接的に収めている、部品を。IT化されるはずなので、大きな影響があるのかなって少なからずは思っています。例えばLED化、電源もあるし、建物は蛍光灯から変わってきますから。そういった意味では間接的な影響が結構ある、見えない影響が。大まかでいうと困りますね。やっぱり小さくない仕事、あれはデカい。1つの街ですから。人があれだけ出入りするってことはお金が落ちるわけですから、そういった観点からすると大きな打撃はあると思います。

例えば、蛍光灯もLED型ならば電子部品が絡むし、移転すれば大量の売り上げが見込めた。特に今回の移転は、新しい街が出来るのと同じ規模。豊洲市場特需が期待できたのです!
その豊洲市場特需を期待していた別の業界もありました。

★不動産業のお父さん

市場の相場が汚染で意外と下落しちゃうとかが、もし出てきたら豊洲の周辺の価値が下がってしまうんではなかろうかという懸念はある。私、不動産やってるもんで。ま、デマかもしれない。でも実際にあれだけ騒がれているわけですから、何かがある。火のないところには煙は立たない。じゃ、ここ買いますよって言った時に、あの影響どうなんですか?って言ったらあなた買います?新居建てるのに、豊洲のすぐ近くですよ、そいう影響はないんですか?自分が結婚して子供が生まれて大丈夫?なんとなくイヤでしょ?噂というのは千里を走りますから。実際に噂で皆あそこイヤだってなったら人気がなくなるわけですから。

不動産関係には痛手。移転するしないというのも影響がありますが、それよりなにより”土壌汚染がその周辺のエリアにもあるかも?!”という不安を掻き立てます。そうするとおススメしにくくなるということなのです。何事もなければ、注目の良い物件だったのが、売りづらい物件になってしまったわけです。

さらには直接的な影響のある会社もありました。

★WEB制作会社のお父さん

関わりのあるIT会社が豊洲に移転してネットワークを敷き直す特需が生まれたって喜んでいたのが伸びちゃって、とんでもない話ですよね。ウチの会社は今、豊洲市場の中のWEBサイトの受注をもらってまして、これは移転しなくても作るんだけど。でも、新しい住所で作るはずがとりあえず古い住所で作るみたいなね。もうほとんど出来ています。そういう小さな影響はありますね。これが豊洲市場だっていうのをだそうと思って、あの辺りの景色を入れようと思っていたんだけど、とりあえずそれは入れられないからそこは保留。コピーの文章も変わる。”新しく移った豊洲で”って書けない。”伝統の築地で”にするしかないでしょ。ハッキリはしてほしい、あといつになるのか。

これはいい迷惑ですね!豊洲のために作ったサイトを築地仕様に変えなくてはならない。このお仕事は白紙にはなりませんでしたが、修正はタダでやらざるを得ない、と。
ネットワークを敷き直す会社は、年内の特需が見込めなくなり、決算にも影響しそう。移転自体が白紙にならないように祈るしかないですね。

★土佐・高知の農作物を扱うお父さん

それは関係する、食の安全だから。僕は特産品なんかをやっている、土佐の高知。色々送ってますよ。ピーマン・ナス・キュウリ・トマト・ししとう。要するに農産物は大体市場に送ってますから。市場流通が一番大きい、地方は。青果で一番いいのは市場があるということで、高い安いは別としても全部売れるわけですよ。市場法で売らなきゃいかんから。そういう安心感は市場にはある。だからその安心して一番売れるところに不安があったりして豊洲のものは買わないとか、例えば。そういう意見が出てきたら生産者も困る。だから実際の関わる人は思った以上に深刻に考えている。実際現実に跳ね返ってきたら困るもの。だからどんなことがあっても解決しなきゃいかんでしょうし、解決すると思うけどね。ただ、巨額のお金がいるとなると許容できるかどうか、都民の人、というかユーザーが。

生産者からすると深刻な問題。もちろん消費者からしても、食の安全は大問題。口に入れて本当に大丈夫なの?と不安が残りますよね。なんとしても解決しなければいけませんが、時間がかかりそうですね。

 

(取材・レポート:近堂かおり)


TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」は月~金6:30-8:30放送中。
AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「 radiko 」でもお聞きいただけます!
番組へのメールは→ stand-by@tbs.co.jp