お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


変化し続ける東京はミルフィーユ!?

久米宏 ラジオなんですけど

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。
9月24日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、今年(2016年)は『東京β(ベータ)~更新(アップデート)され続ける都市の物語』そして『東京どこに住む?』と東京をテーマにした本を2冊発表しているライターの速水健朗(はやみず・けんろう)さんをお迎えしました。

速水健朗さん

今、2020年のオリンピック開催や築地市場の豊洲移転をめぐる問題で東京の都市開発のあり方について疑問や反発の声も多く聞かれます。そこで速水さんに、東京という街がこれまでどう変わり続けてきたのかお話を伺いました。

久米宏さん

今問題になっている江東区・豊洲を含む東京湾岸が大きく変化したのは江戸時代。江戸の人口が増えたのに伴って大量のごみも発生。そのごみを処理するために隅田川河口の埋め立てに使ったのが初めで、実は築地はその時にできた埋立地だったんです。

東京国際展示場(東京ビッグサイト)がある晴海のあたりは、明治期に埋め立てられた土地。タワーマンションが林立する豊洲、有明、東雲(しののめ)あたりは、大正期の関東大震災のときの大量の瓦礫を処理するために埋め立てられた土地なんです。

そうやって東京湾岸地域の埋立地はどんどん広がっていたものの、ずっと使い道がありませんでした。そこで土地利用のために持ち上がったのが、昭和初期の東京オリンピックと日本万国博覧会のダブル開催計画だったんです(ただしその後、日中戦争の影響で五輪は開催返上、万博は開催延期)。その後も東京の東側、湾岸地域はずっと手つかずのままでしたが、2000年代に入ってようやく開発が進み、そこに2020年東京オリンピック開催決定も重なって、街の姿が急速に変わってきているのです。

スタジオ風景

こうした都市開発に対しては否定的に見る人も多いでしょう。ところが速水さんは「都市の見方は多層的であるべきだ」と言います。例えば、近年東京の中心部に人口が増えて一極集中が加速していることについて、速水さんは「いいことではないか」と捉えています。なぜでしょう? それは、かつては多くの人にとって「住む」ところではなかった(住みたくても住めなかった)東京の中心部に、最近は住む人が増えてきて、そこに新しいお店や深夜まで賑わうお店が現れています。つまり「働く」「住む」「遊ぶ」が近くなって、かつての下町のような姿になりつつあるというのです。

また、景観破壊だと批判の的になることの多い中央区・日本橋の風景。江戸繁栄のシンボルである日本橋の上に架かっている首都高速道路は何とかならないか…。ところがこれも速水さんは、見方を変えれば江戸・東京の開発の歴史が凝縮していると肯定的に捉えます。

日本橋はもちろん人工の建造物ですし、そもそも日本橋の下を流れる日本橋川自体、江戸の都市整備のために徳川家康が造らせた人工の川です。そして首都高速道路は1964年の東京オリンピック当時に造られたもので、当時の日本人のあふれるエネルギーの象徴。さらに加えれば、日本橋川の下を走っている東京メトロ銀座線は1927年に開通したアジアで最も古い歴史を持つ地下鉄です。こうして見ると、日本橋という土地には都市開発の歴史がまるでミルフィーユのように何層も重なっていることが分かります。江戸の姿に戻るばかりが「いい東京」ではないのではないか。そして東京だけでなく地方の都市の開発に対しても多層的に捉えるべきで、まさに「ミルフィーユ的」な見方が必要ではないかというのが、速水さんの主張です。

『東京β』『東京どこに住む?』

そして話は築地市場の豊洲移転に戻ります。速水さんは、築地に残りたいという意見も当然のことだし、豊洲に移転したいという意見も当然のことだと言い、であれば豊洲に移転する一方で、築地も新たに開発してもいいのではないかと提言します。そして、朝・昼・夜と時間帯によって賑わうエリアが異なるような「時間のミルフィーユ」にしてはというアイデアを披露。更新し続けられる街・東京を見るときのキーワードは「ミルフィーユ」。

速水健朗さんのご感想

速水健朗さん

僕もラジオでパーソナリティーをやっているので普段は人の話を聞く側なんですけど、インタビューやホスト役だと自分の意見を言えないことも多いんです。でも今日は久米さんの胸を借りて、言いたいことを言わせてもらいました。

『東京β』は5年ぐらいかけて書いているんですが(2009年~2014年に連載)、久米さんは本当に読み込んでくれて、こっちが忘れていたようなこともピンポイントで聞かれました。5年なので書いている間に考えが変わったところもあるんですが、久米さんが、ここは今でも新しい論点だというところを掘り起こしてくれて、嬉しかったです。

今日は番組の前半が「築地市場の豊洲移転問題に一言」というテーマでしたが、みなさんがいろいろな見方をしていたのが面白かったですね。豊洲の問題をこれだけ多様な論点で語ったところはないと思いますよ。