お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


血液型

檀れい 今日の1ページ

女優の檀れいが毎回、その日にまつわる話題や風物詩などを交えてお届けする「檀れい 今日の1ページ」

11月14日は「血液型が発見された日」です。1900年のこの日、オーストリアの学者、カール・ラントシュタイナーが人間の血液は「A型」「B型」「O型」にグループ分けできることを発表しました。ちなみに「AB型」は次の年に、ラントシュタイナーの同僚によって発見されています。20世紀初頭の当時は、輸血による事故が多発していたため、血液について早急の研究と解明に迫られていました。この功績でのちの1930年にラントシュタイナーは、「ノーベル生理学・医学賞」を受賞します。

さて、血液型で身近なものとしては「血液型性格分類・占い」があります。有名な話ですが、日本で考えられ、ほぼ日本のみで広まっている考え方。これら日本オリジナルの血液型分類は、1916年にすでに研究され、昭和初期には教育学者の古川竹二が、血液型と気質の関連を著作や論文で記したそうです。広く知られるようになったのは作家の能見正比古による『血液型でわかる相性』『血液型人間学』という本。どちらも1970年代にベストセラーとなり、日本でブームになりました。しかし、この分類は科学的根拠もなく、21世紀には科学雑誌が否定したり、むしろ偏見に繋がるという論調もあり、否定的な意見も増えたようです。

ちなみに、血液型を発見したラントシュタイナーさんはユーロが導入されるまでのオーストリアで「1000シリング紙幣」に採用されるほどの偉人だそうです。日本でいう野口英世さんのような存在だったんですね。


TBSラジオ「檀れい 今日の1ページ」
月~金曜日 朝6時20分頃~放送中です。

ラジオは、AM954kHz、FM90.5MHz。
パソコンやスマートフォンでは「radiko」でもお聴きいただけます。