お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


日色ともゑさんと、松島トモ子さんをお迎えしました!

いち・にの三太郎~赤坂月曜宵の口

<千客万来 宵の口>
日色ともゑさんをお迎えしました。
まずは、新潟で丹精込めてお作りになっているお米「日色米」のご報告。
そして、永さんが日色さんに宛てたお葉書を何通かお持ち下さり、
永さんとの思い出話に花が咲きました。
また、戦争を語り継ぐ活動もしていらっしゃる日色さんから、
「沖縄を考えること」「沖縄に足を運ぶこと」の大切さについての話題も。
最後は、来月行われる舞台の見どころなど伺いました。

~お知らせ~
●三越劇場十二月 劇団民藝公演『韓くにの白き太陽』
 日時:12月3日(土)~18日(日)
    3日(土)は午後3時開演・7日(水)と15日(木)は午後6時15分開演
    そのほかの日は午後1時半開演
 場所:三越劇場(日本橋三越本店 本館6階)
 料金:一般6,500円 学生4,000円 夜チケット4,500円(3日、7日、15日)

<六輔語録>

2001年11月3日(土)
「土曜ワイドラジオTOKYO永六輔その新世界」から、
永さんのお話を当時の音声でご紹介しました。

<明解さんちゃん>
「うさんくさい」という言葉の由来について。

<気まぐれレコード>
「冬が来る前に/紙ふうせん」

< 宵の口 交遊録>
松島トモ子さんをお迎えしました。
昨日、福岡の介護セミナー講演で三太郎さんと一緒だったというトモ子さん。
その時の講演内容は、また次のご出演の時にお話し下さるということで、
今回のトモ子さんリポートは、
先月報道された、シベリア抑留死亡者についてです。
シベリアに抑留されて命を落とした日本人の遺骨が、誤って焼却されてしまい、
身元特定が不可能になったというニュース。
トモ子さんのお父様も抑留で亡くなり、遺骨はまだ見つかってないそうですが、
今回の遺族の無念さを思い、ずさんな管理に憤りを感じるお話でした。

 

“来週のお知らせ”
11月14日(月)、
6時台の「千客万来 宵の口」と、
7時台の「宵の口 交遊録」には、
きたやまおさむさんをお迎えします。

永さんの過去のラジオ放送の中から音声を紹介するコーナー
【六輔語録】(※18時半頃)もお楽しみに。ぜひお聞き下さい!

 

毎週月曜18時から19時半に放送中
「いち・にの太郎~赤坂月曜宵の口」
http://www.tbsradio.jp/santaro/

 ※皆様からのおたより・メールを募集します。
あて先は、santaro@tbs.co.jp
お便りの方は、〒107-8066 TBSラジオ
「いち・にの三太郎~赤坂月曜宵の口」それぞれの係まで 
皆様のご参加をお待ちしております。

 

ピックアップ