お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


街のコンシェルジェ

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

街のコンシェルジェ

ホテルなどでお客さんの要望を聞いて、
いろいろな手配や案内をしてくれる「コンシェルジェ」。

その親切で役に立つ「コンシェルジェ」が、
東京・品川区の中延商店街でも活躍しています。
商店街近くに住む、主に中高年の「有償ボランティア」で、
お年寄りや障害者の「ちょっとした困り事」を
代わりにやってくれるんです。

中延商店街の真ん中あたりに、「街のコンシェルジェ」
と大きな看板を出した事務所があります。
中にはいると、壁にはズラーっと顔写真つきのカードが貼られていて、
1人1人のボランティアが自分の得意なことをPRしています。

食事の支度、買い物、今の時期ですと庭の草むしり、
電球の取り替え、車で病院などへの送り迎え、
デジカメや携帯電話の使い方を教える…。
自分のできること、得意なことを生かして「お手伝い」するんです。

サービスを利用したい人は事前にクーポン券を買います。
基本は1時間800円。(送迎は30分500円)サービスを受けると、
クーポン券でコンシェルジェに払います。
800円のうち、事務所の運営費などを除いた500円分が
コンシェルジェの報酬となります。

「犬の散歩」を頼んだことがあるという女性は、
「知り合いに頼んでもいいんですけど、
 なんかあった時にやっぱり気まずくなりますし、
 お仕事している人にそのままその時間を割いて頼むより、
 一応ボランティアとはいえ、ちゃんと契約出来る方が気が楽です」
と大島洋子・情報キャスターの取材に応えて話します。

1年半前に始まったこの「街のコンシェルジェ」。
現在、商店街の半径700メートルの範囲に住む
およそ200人がコンシェルジェとして登録しています。
一方、利用したことがある人はおよそ250人。

中延商店街と提携しているNPO法人「バリアフリー協会」の
沢田藤司之専務理事によりますと、地域の高齢者のおよそ
5パーセントが関わっている計算になるということです。

インタビューに答える「バリアフリー協会」の沢田専務理事

インタビューに答える「バリアフリー協会」の沢田専務理事


当初は「何をするところなのか、わからない」と疑う人もいたそうですが、
「試しに頼んでみたら、良かった」という口コミでどんどん広がったそうです。

地域に眠る人材の発掘にもなるこの「街のコンシェルジェ」。
「お手伝い」だけでなく、コンシェルジェを講師にした
「楽習教室」も事務所で開かれいて、盛況です。
「パソコン」や「絵画」「俳句」「書道」………。

ガーデニングを教えている女性は
「専門家じゃないんですがとても花が好きで、
 こういうことが出来るなら皆さんに教えてくださる?
 って言われて始めたんです。ボランティアのつもりですが、
 人生の先輩方の生き方などを、これから高齢者になる私に
 いろいろ教えて頂けます」
と話していました。
事務所が地域の交流や出会いの場となっているんです。

「街のコンシェルジェ」を思いついたきっかけは、
「バリアーフリー協会」の沢田さんがご自身の父親の介護の体験などから、
高齢者がいつまでも元気でいられる「仕掛け作り」が
大事だと感じたことだそうです。

現代版の「持ちつ持たれつ」という関係ができれば、
元気なお年寄りもきっと増えるというわけです。

ちなみに、「街のコンシェルジェ」には、報酬は最終的には
「品川区内共通商品券」で渡されています。
商店街の活性化にもつなげようというわけです。

現在、報酬として発行された商品券はその月のうちに、
8~9割が商店街で使われているそうです。

街の「助け合う」関係を取り戻し、
商店街の活性化にもつながるこの「街のコンシェルジェ」。
順調にいけば、他の街にも広がってゆきそうですね。

「街のコンシェルジェ」の事務所を取材する大島キャスター

「街のコンシェルジェ」の事務所を取材する大島キャスター


担当:大島洋子