お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

放送中

放送中


障害者の雇用の場を広げるための「特例子会社」

人権TODAY

毎週土曜日「堀尾正明+PLUS!」内で8:15頃に放送している「人権トゥデイ」。
様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。

障害者の雇用の場を広げるための「特例子会社」

大林組の特例子会社「オークフレンドリーサービス」のオフィス

大林組の特例子会社「オークフレンドリーサービス」のオフィス


障害者の雇用の場を広げるために、
最近、「特例子会社」を作る企業が増えています。

障害者雇用促進法では、従業員56人以上の民間企業は、
全体の1.8%以上障害者を雇うことが義務付けられています。
しかし達成できない企業がまだまだ多い状況です。

そこで「子会社」が障害者を雇うと、
親会社の雇用とみなせるようにしたのが、「特例子会社」です。

鳥山穣記者が取材したのは東京・墨田区の「大林組」の
特例子会社「オーク・フレンドリーサービス」。

現在25人の知的障害者が、3つの事業所に分かれ、
4人の健常者スタッフとともに大林組のオフィスや研修施設の清掃、
郵便物の仕分け、図面をコピーする仕事など大きく分けて
三つの仕事をしています。

「オークフレンドリーサービス」の中島顕業務部長は

中島顕業さん
『 仕事の種類は何でもいいというわけではなく、
 障害者にあった仕事を探していきます。
 できそうなものをやらせてみたり、
 他の特例子会社を参考にして仕事や人数を増やしてきました』

と話します。

5年前の設立当時は6人でしたが、現在は20代から40代の
知的障害者が25人働いています。

取材した日は、仕事を始めておよそ1年半という
清掃などを担当している女性が、大林組の研修施設の
寝室のベッドメイキングをしていたので、話を聞きました。

前職では12年間アパレル業の配送や事務を
担当したということですが、今の仕事については
「仕事を覚えるのが難しかったですが、経験の無い事を学べて良かった」
と 喜びを語ってくれました。

また、この女性とペアを組んでいた健常者の女性は
「仕事が独り立ちできるようになるまで確かに時間はかかるが、
 仕事を覚えた今となっては重要な戦力。
 特例子会社で働く彼ら、彼女ら抜きでは仕事が成り立たない」
と話していました。

そしてもう一人、5年前の設立時から働いている自閉症の男性の
仕事ぶりも見てきたのですが、研修施設の浴場で、ペアを組んでいる
健常者の男性が浴室を担当、彼は一人で脱衣所を隅々まで
黙々と掃除していました。

浴室が終わると、今度は会議室や廊下に大きな掃除機をかける作業。
「一連の仕事を自分のペースで確実にこなしていっているな」
という鳥山記者の感想でした。

研修施設の職員の方も
「仕事を覚えるまでに時間がかかるが、覚えたら、絶対に手を抜かない」
と働きぶりに感心していました。

それぞれの個性やペースに配慮すれば、いろいろな仕事が見つかり、
またできるようになる好例ではないでしょうか。

研修施設で黙々と働く

研修施設で黙々と働く


このように、特例子会社は、仕事上の指導や助言もそれぞれの
障害に合わせてきめ細かくできますし、
障害者を集中して雇うことで設備や健康管理などに配慮して、
働く環境を整えることができます。

中島部長も

中島顕業さん
『 周りに仲間もいますし、環境としても過ごしやすい。
 親会社の職場に入ると、健常者の中に一人ぽつんといることもあり、
 うまくいかない心配があります。
 そして、雇用率の数字を達成するために仕事もないのに
 ただ雇うだけでは意味がない。
 仲間といっしょに働けると意欲も出るので、
 仕事の種類ももう少し増やし、
 少しでも多くの障害者に働く場を提供できれば。』

と話していました。

東京労働局の調べでは、「特例子会社」は、
去年の11月の時点で、全国に180社。
親会社の業種によって仕事も多彩になってきています。

民間企業の障害者雇用率は去年の時点でまだ1.49%。
「特例子会社」が増えることで、障害者の仕事の種類が増え、
働く人数も増え、結果として、
企業が雇用率を達成できれば一番いい形かもしれません。